新型レクサスESは、今までの車に欠かせなかったサイドミラーを電子化した最初のモデルです。

でも、車内のモニターを見て運転するって違和感を感じませんか?

それもそのはずです。はじめて免許を取る時、そんなことを教わりませんでしたからね。

このレクサスESを皮切りに、レクサスやトヨタの新型車種で電子ミラーがどんどん搭載されて行くでしょう。

 

電子ミラー ( デジタルアウターミラー )とは?

 

レクサスES

 

電子ミラーって何?

 

ディーラーマン
視認性と良くして視界を拡大させた次世代のサイドミラーです。

 

へぇー。確かに雨や雪の日は全然見えなかったからね。

 

ディーラーマン
ミラーレス社会はもう直ぐですよ。

 

このように、従来のサイドミラーをカメラにして車内に映し出すミラーを電子ミラー《デジタルアウターミラー》といいます。

よく悪天候時に運転していると、

 

ミラーが曇って後ろが見えない!!

 

という事がありませんか?それが電子ミラー《デジタルアウターミラー》にすれば解消します。そのくらい高性能なカメラを使っていますし、安心して使える装備です。

そのカメラが優れものでデンソーの技術が使われており視認性は素晴らしいものがあります。

 

レクサスESはミラーレス化いちばん乗り

 

 

これは運転してみたいな!

ディーラーマン
是非、レクサスESを購入して下さい。

 

乗りたいと買うは別だから・・・

 

電子ミラーを初めて見てどう思いましたか?

夜や雨の日は本当に見やすくなりました。良し悪しは人それぞれですが、新しい技術を体験すれば欲しくなるかもしれませんよ。

デジタルインナーミラーについての詳細も書きましたのでご覧ください。

 

新型レクサスESの評価はいかに!

 

レクサスはデジタルアウターミラーを世界で初めてESに採用しました。今までなかった新しいESとは一体どういう車なのか?

 

ポイント!

①デジタルアウターミラーをいち早く体験。

②7代目が日本に初導入されるレクサスESの立ち位置。

③新採用のGA-Kプラットフォーム。

④全長が4975ミリもある。

 

レクサスESは昔からレクサスブランドで扱われていました。今回のモデルチェンジで7代目ということから歴史のある車種でもあります。

それだけ歴史のある車を何で日本で売らないのか?、という声があったのかもしれませんね。

デジタルアウターミラーを体験したいって思った方は、まず無料お見積もりを!オートックワン新車見積もり

 

レクサスESがデビューしたことで、レクサスの車種の位置づけが変わってきたように思えます。

最上級車種は変わらずLSで、その下にGSが居て同じくらいの位置にESがラインナップされています。少なくとも、ISよりは上位ランクです。

レクサスESは、より快適性を追求したモデルになりました。

新採用GA-Kプラットフォームも、カムリで得たノウハウを進化させた完成系のFF車になったと言って良いでしょう。

※取り回しに注意が必要です。
GSが4885ミリですから、狭い道を運転するのには不向きなのではないでしょうか。

 

 

現車を見た感想

 

正直、今までのミラーの方がカッコイイ。

 

ディーラーマン
そんなこと言わないで下さいよ。

 

アウディみたいなAピラー内蔵にしてよ。

 

本当のところ、この車に注目していたのはおじいちゃんばかりで若い人は、隣のNXに釘付けでした。

確かにあのパール身がかったオレンジは良い色で、一度は乗ってみたいと思わせるカラーです。

 

このアウディのミラーレスを見ると、ESのデジタルアウターミラーがしょぼく感じますね。まぁ、出始めですから不評と分かればレクサスも即座に変えて来ます。

どうしてアウディは、ここまでデザイン性の高い車を作ることができるのか疑問です。

ライト周りにせよ、内装にせよ、車のデザインはアウディから始まると言って良いでしょう。

今後はルームミラーもミラーレス化でフロントガラスに投影されるかもしれません。車内がモニターだらけになるのも時間の問題かもしれないですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう