プリウスが2018年12月にマイナーチェンジされます。

実質の値上げとなりますが、コネクティッドサービスやその他の装備を見るとどう感じるでしょうか?

主な変更点と、それによってどう変わるのかをお伝えしますね。(まだ発売前なので現時点での情報です)

 

プリウスがマイナーチェンジして変わる変更点。

 

プリウスは最近人気なくなったよね?

ディーラーマン
以前と比べると人気は落ちましたが、コアなファンもいるんですよ!

 

おじさん、おばさん達かな?

 

ディーラーマン
その通りです!

 

トヨタはクラウンとカローラスポーツからコネクティッドサービスを開始しました。これから発売する新型車には間違いなく搭載されるでしょう。

あくまでもマイナーチェンジですから変更点は、前期モデルで不評だったことの改善がメインです。

変更点

①内外装の見直し

②コネクティッドサービス

③安全装備の拡大

④シニア向けに仕様変更

 

内外装はテコ入れされて今のモデルより格好良くなりますが、パッと見の印象は前期モデルと変わりありません。

安全装備は全グレードでセーフティーセンスが標準装備される見込みです。

価格は若干の値上げが予想されています。FMCやMCの度に値上げは付き物ですので、その他の細かい変更に期待しましょう。

 

最近情報!画像と動画

 

発表されるまでは、こちらの最新情報にて紹介していきます。

動画やレビューなど色々な意見がありますが、日本ではコネクティッドサービスが一番の魅力なのではないかと感じます。

 

 

こうやってみると、世代によって意見が分かれているのかもしれません。

いずれにせよプリウスは、今度のFMCで大幅に路線を変更することは間違いなさそうですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう