新型スープラってどんな車?ハチロク世代に流行って時代遅れの車だって思っていませんか?2019年スープラは新型スープラとして生まれ変わります。

発表前ですが画像を紹介します。
現在、トヨタの新車8台目。トヨタ コネクティッドデイ仙台、招待者の新(あらた)拓也@arata_takuyaです。

もう、かれこれ20年以上前のスポーツカーブームの時に流行った車ですので始めてスープラを知った方も多いのではないでしょうか。

この記事では

○スープラって値段はいくら位するの?

○スペックはどんな感じ?

○ダサいって聞くけど本当なのか実際に見てみたい!

という方の疑問を解決します。発表前なので時間はまだあります。じっくりと考えて下さいね。

新型スープラの画像を公開!これ見てダサいって思う?

ディーラーマン
新型スープラの特別展示会があるのですが、どうでしょうか?まだ発表前ですよ。

 

スポーツカーにはあまり興味がないけど、カッコイイんだよね?

 

ディーラーマン
私も見たことがないのですが、絶対格好良いですよ。

どこからくるんだ!その根拠のない自身は・・・

 

2019年5月発表予定の新型スープラA90ですが、まだ正式な発表はありません。一部では年内に納車できるか分からないとも言われています。

3月から発表前に特別展示会が全国各地で行われました。

そこで実車を確認した感想とメーカーの担当者から聞いた情報をお伝えします。ちなみにグレードは中間グレードのSZ-R。

特別展示会に来ていたお客さんの年齢層は5.60代の方がほとんどで、86やGRシリーズを乗って来ているスポーツカー好きな人が多い印象を受けました。

画像はこちら!

外装はダサいって声もあるけど・・・

新型スープラ ボンネット 新型スープラ テールライト 新型スープラ サイドミラー 新型スープラ エンジンルーム 新型スープラ サイド周り 新型スープラ サスペンション

新型スープラ 3眼LEDライト 新型スープラ LEDライト点灯 新型スープラ ラゲッジ 新型スープラ フロント周り

これを見てどう思うでしょうか?

私はハチロク世代ではないのでスープラや86の名前は知っていても、スポーツカーっていうこと以外は、ほとんど知りません。


イエローの配色が良いのか、ぱっと見「カッコイイ!!」という言葉が出たくらいです。見に来ていた方も同じようなことを言っていました。

トヨタとしても一度消滅した車種を、もう一度復活させるって余程の想いがあるんでしょうね。

フロント周りは、丸みを帯びたデザインにして86世代の人にも受け入れて貰えるようにして、リアは今の86っぽい感じにして若い人にもウケるデザインにしたのではないでしょうか。

 

内装はスポーツカーでは大人しいデザイン

新型スープラ パドルシフト 新型スープラ 内装 新型スープラ シフト周り 新型スープラ 本革シート

内装は、スポーツカーっぽくないブラック×メタル調と落ち着いた印象で驚きました。

最近のトヨタ車だとブラック調のドアパネルを多く見かけますが、やはりそれを使っていてTNGAで使い回しが多いようです。

真ん中にモニターが装着されていたのですが、イグニッションONでスープラの画像が映し出されてトヨタではあまり見ない演出でしたよ。

シートの質感(グレード、SZ-R本革+アルカンターラ)は柔らかすぎず、数年乗っても痛まない感じがしたのと、本革ステアリングも握った感触がクラウンと同じようで良い印象を受けました。

始めて知ったのですが2シーターって後ろに収納スペースがあるんですね。

新型スープラのグレードと値段は妥当なのか?

グレード エンジンスペック 価格
RZ 直列6気筒2998CC/340馬力/トルク51.0 690万円
SZ-R 直列4気筒1998CC/258馬力/トルク40.8
590万円
SZ 直列4気筒1998CC/197馬力/トルク32.6
490万円

 

発表前ですが、見積もり段階の車両本体価格はこのようになります。

少しアバウトな価格設定だと思いませんか?

装備の詳細はまだカタログがないので分かりませんが、趣味性の強い車ですので強気な価格設定をしてくると思われます。

新型スープラのエアロが馬鹿高いようです。フルエアロにすると工賃込みで100万円以上かかりそうです。

前から「スポーツカーは維持費が高い!」とは聞いていましたが、維持費だけじゃなくて全て高く感じませんか?

まとめ

新型スープラを始めて見た感想は悪くはない印象でしたので、一度は乗ってみたい車だと誰もが思うはずです。

ただ、値段を聞いて尻込みするかもしれません。

走りにこだわった車に乗ってみたいのなら中古車で良い車が沢山出回っていますし、スポーツカーを新車で買うメリットがあるかどうかだと思います。

生産台数も少ないですし、世界で販売されていますので希少性は高く、タイミングが合えばプレミアがつく可能性もあります。

欲しい方は今の内にオーダーしておかないと今年中に納車はできないようですので、早めに見積もりしてご検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう