現車を見て感じた、【 TJクルーザー 】のサイズ感がハンパない!

   

                      

大き過ぎず、小さ過ぎない日本人好みの車。

 

 

トヨタが東京モーターショー2017年で披露した、《TJクルーザー》に注目です。現在、FJクルーザーという大型4WD車がありますが、4000ccの大排気量エンジンに観音開きドアなど、ユーザーが買いにくい車であることは確かです。

それを受けてか自動車業界でも、コンパクトクロカン4WDのジャンルに人気が集まっています。

その他のメーカーをみても、軽自動車でスズキのハスラーは若い人に大人気で、車を道具として利用することが普通になってきました。

TMS2017(東京モーターショー)でのTJクルーザーの発表は、新たなジャンル《道具車》としての第一歩になるのでしょうか。

 

 

車を道具として使う、新たなジャンルの新型車。

私が感じたのは、FJクルーザーよりも一回り小さくて荷物や人が乗りやすいことでした。Fjクルーザーだと車高もあるし、2列目のドアが観音開きなのでそれだけで場所をとってしまいます。

ただでさえ駐車場に停めるだけでも大変なのに、ドアを開けるだけで左右の車に気を付けないと左右の車にぶつけてしまうかもしれません。

それでも、FJクルーザーにはFJクルーザーにしかない良い所もあります。もう新車で買えなくなりますから欲しい方は今しかありませんね。

FJクルーザーが欲しいなら2018年の生産終了前に購入すべし!

 

TJクルーザーに関してメーカーとしては、どう思っているのでしょうか?

車名の「Tj CRUISER」は、アクティブに“使い倒せる”TOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使用してきた「CRUISER」を用いて力強さを表現した。

室内は助手席側をフルフラットにすることができ、ロングサーフボードや自転車など、約3メートルもの大きな荷物を楽に積み込むことが可能。

「仕事」と「遊び」を垣根なく楽しむ新たなライフスタイルでの使用をイメージした。

引用:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19001195/

 

このようにトヨタは、よりライフスタイルに近づけた車作りをしてきました。

 

実際に現車を見て感じたこと。

 

まずは、フロントの迫力でした。ボディーサイズは通常の普通車なのに、角ばったデザインに丸いライトが可愛く思えます。サイドはスライドドアになっており、青いLEDが光ります。

リアも丸いライトが印象的で、道具として使う車の最近のトレンドでもありますね。2列目もフルフラットになりますので、長尺物や大きい荷物を載せるには重宝します。

ただ、デザインをみると他メーカーの車を大きくしただけのような感じもあります。後出しじゃんけんの好きなトヨタですから、無難なやり方ですが本当に欲しい車かと言われると値段次第になってくるのではないでしょうか。

イメージムービーも撮ってきたのでご覧ください。

 

 

どこでも似合う車だと思いませんか?さすがに赤は派手すぎて考えますが、若い人が好きな感じがしますね。気軽にアウトドアを楽しんだり、友達同士でワイワイしたい方に最適です。

このクオリティーは、新型車として申し分なくこのまま発売されてもおかしくないでしょう。

東京モーターショー2017。コンパニオンランキング。あなたは誰?

 

注目の価格はどうなる?価格次第ですぐ廃盤。

東京モーターショー2017でTJクルーザーを見ていたらトヨタの関係者らしい人から、

 

いくらだったら買いますか?

 

という質問を受けました。私は200万と即答したのですが、もしこの車が乗り出し250万だったら高いと感じませんか?

最近の車はフルモデルチェンジやマイナーチェンジをすると大体20万は高くなります。燃費も10年くらい前の車と大した差はないのにどうしてでしょう。

確かに安全装備が充実したからだと言われれば、そうかもしれません。でも、その安全装備は中途半端なものです。

安全装備があっても事故に会えば10年前の車と変わりません。装備は最低限でデザインを新しくして価格を安くするという選択肢があってもいいはずですよね。

 

パッと見、《カッコイイ》か《ダサい》のアンケートをやった結果。

約150人からの回答を頂きました。結果を見ると一目瞭然。ここまで半々だということは、

 

ニッチ過ぎて好きな人にしか売れない。

 

販売台数が上がらないのは売る前から分かっていることなので、それでもトヨタは売るのでしょうか。もし、ベースグレードが200万円くらいで販売されれば販売台数も上がるでしょう。

最近の動向を見ると新車は、値上げラッシュとなっています。トヨタさん、趣味性の高い車は、売り上げを気にせずに値下げをして

 

車を所有する。

 

ことを楽しんで貰うことからはじめてみませんか?

東京モーターショー2017のトヨタブースに行けないあなたに!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - トヨタ車