起業して注目を集める為に大事な3つのステップ

      2016/08/16

                      

注目されなければ、ただの時間無駄。

photo-1440589473619-3cde28941638

 

いくら時間をかけて売れる商品やサービスを創ったとしてもお客様がいなかったら、いくら良い物を生み出しても時間だけ浪費してビジネスが成り立ちません。

現代は情報量が多くなりすぎて全ての情報に耳を向ける事が出来なくなりつつあります。その結果、人々の注目が得られなくなってその情報の記憶というのは数分で新しい情報に変わる事も珍しくないです。

日本人に多い頭の固い昔の考えの人は、

良い物を作れば必然的にお客様はやってくる。

と思っているかもしれませんが、一生懸命努力して素晴らしい事を生み出しても気付いて貰えなければ作り損ですよね。自分の作った物を広めようとしない人も多いと感じます。

物が有り余っている成熟した日本でいくら、今ある物をさらに改善して良くしたとしてもお客様は高いお金を払ってまで必要と思うでしょうか。

少し改善したとしてもお客様は注目して購入してくれるでしょうか。

やはり冒頭の美しい女性のように注目されるかどうかが肝心です。

Sponsored Link

注目される為に大事な3つの事。

1.瞬間の注目

これが注目してもらう為に最も重要なのですが、まず情報が拡散している中で自分だけに注目してもらう為には、小さい頃に理科の授業で学んだ反射のような事を起こさなくてはなりません。

例えば自分の名前を呼ばれたら必然的に振り向いてしまったり、興味を持ったりしませんか?

それが最初のステップになります。

人間は常に何かに注意して行動していますので、危険なもの、興味のあるもの、日常では感じられない新しいものなどに集中しがちです。

まずはブログで言ったら型破りなタイトルでクリックしたくなるようにすれば最初の注目という事で成功です。

2.一時の注目

型破りな事や、あっと言われるような方法を使って瞬間の注目を得られたら、それを少しでも持続させる必要があります。瞬間の注目は時間が経つにつれて効力はなくなりますので、それを何としても阻止しなければなりません。

その為にはさらに目新しいものやユニークな事を重ねて注目を持続させる必要がありますので、そこが一番難しい所だと思います。

私もキャッチコピーやあるフレーズで注目が得られたとしても、そこからどうやって自分に注目し続けてくれるのかが分からない事がありますが、少なくとも相手の気持ちになって考えて、

 

自分だったらこれをやられたらファンになりたいな

 

というような事を一度頭の中に思い浮かべてみるんです。例えばこの情報は便利だとか相手にメリットがないと、なかなか厳しいでしょう。

3.継続の注目

ここまで来たら成功者と言っても良いでしょう。しかし、いくらファンになってくれたとしても何も変化なしで現状のままだったら、今は良くてもいつかはお客様は離れて行ってしまいます。

例えば期間限定などのキャンペーンや限定商品など希少性を出していったり、お客様と一緒に商品やサービスを企画するといったような共和も大事です。

とにかくお客様を飽きさせないように定期的に5感に訴えかけるような何かを企画して、小出しにアピールして注目され続けていく事が長期的なビジネスには重要になってくると感じます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - インターネットビジネス