ハリアーのMCでターボが追加されるが、通常エンジンの方がお得?

      2017/05/20

                      

2017年6月にハリアーがマイナーチェンジされる!

 

ついに、トヨタのハリアーが2013年のフルモデルチェンジから4年たった2017年にマイナーチェンジが決定しました。追加の2.0ダウンサイジングターボエンジンや7人乗り仕様など、様々な変更がされます。

新型SUVのC-HRにも1.2ダウンサイジングターボエンジンを積んで来たことから、ハリアーでも搭載されることは間違いないでしょう。

 

2.0ターボエンジンはC-HRのような仕上がりなのか?

私は、新型SUVのC-HRを仮予約していましたが、今回のハリアーのマイナーチェンジの噂を知り、C-HRの購入を取りやめました。

見積もり価格は3,500,000円くらいだったので、この値段ならMC後のハリアーを買った方が良いという判断です。C-HRも魅力的な車なので、値段を安く抑えたいという方にオススメですね。

トヨタのC-HR(chr)を試乗してターボとHV、どれがお得?

 

今回注目の2.0ターボエンジンは、最近のレクサスNXやクラウンに使われているものをパクって改良したモデルのようです。クラウンならお近くのトヨタ店に試乗車が配備されていますので、そちらで試乗された方が早いです。

私的に、トヨタのターボエンジンを試乗して感じたのは、アイドリング時は非常に静かです。それは、その他のメーカーも同じかもしれませんが、トヨタ車の静粛性は素晴らしいものがあります。

アクセルを踏み込むとターボ車ならではのトルク感を味わえます。ただ、トヨタの4気筒のターボエンジンはエンジン音がはっきり言って情けないです。

 

400万以上する車が出す音か?

って感じると思います。それに街乗りがメインな方にはオススメできません。アクセルペダルの反応が通常のガソリン車より敏感なので、かえって運転中のストレスになる可能性が高いからです。

普段は街乗りメインで60キロくらいまでしか出さないという方は、ターボエンジンは邪魔でしかありません。

ハリアーは若者に人気がある車ですが、新型2.0ターボだから人気が出るという理由もないですし、高速を頻繁に利用するのであればターボのような考えで選択してみてはどうでしょうか。

 

その他の変更点で気になる所は?

 


今回の変更はあくまでもマイナーチェンジですので、そこまで大きな変更はありません。3月でオーダーストップのようですので、3月中旬頃には大体の仕様が見えてきますね。

 

トヨタの安全装備、セーフティーセンスP

これは最近、トヨタが力を入れている安全装備で自動ブレーキやオートクルーズなど、センサーとカメラを利用して安全性を高めたものが、最近の新車に採用されています。

詳しくは以前書いた記事がありますので、ご覧ください。

トヨタの安全装備、セーフティセンスCとPの違いって何?

私は安全装備などあっても、余計な警告音やブレーキ、ハンドル操作などが少しだけ自動化されるだけなので、逆に運転しにくい車になるかもしれません。まずはセーフティーセンス付きの車を試乗してみましょう。

 

7人乗り仕様

あのハリアーが7人乗り?と思う方が大半ではないでしょうか。以前トヨタでは、ヴァンガードという車がありました。知っていますか?

 

人気が出ると思ってトヨタが発表したモデルです。結果、不発に終わって今では生産中止になって挙げ句の果てに炎上してしまいましたね。

この手の車で7人乗り設定は、正直厳しいのではないでしょうか。5人以上乗せたいなら、この車でなくてもプラドやミニバンがあります。緊急用と言っても狭すぎて話になりませんから。

今後1ヶ月で新しい情報が次々と出てくることが予想されますが、ハリアーの注目は益々活気付いてくるでしょう。

結局、残念ですが7人乗り仕様は発売されませんでしたね。FMCで発売されることを期待しましょう。

ハリアーのマイナーチェンジの画像を見て、ディーラーで苦笑したよ。

 

その他に2017年に注目の車があります。

新型ハイラックスのピックアップが2017年にディーゼル発売か?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - トヨタ車