アマゾンは、今や誰もが知っている企業です。でも中身は以外と知られていません。

でもこの本を読むと《何でアマゾンが凄いのか?》《赤字でも株価が右肩上がりなのか?》を知ることができます。

私はアマゾンプライム会員ですが、アマゾンの戦略にまんまとハマっています。

今、アマゾンを知ることが世界の最先端を知ることだと思い、成毛眞さんのamazon 世界最先端の戦略がわかるを手に取りました。

誰かにおすすめしたい素晴らしい本だったので、紹介しますね。

 

amazonのどこが他の会社と違うのか?

 

アマゾンってそんなに凄いの?

 

イケメン
世界一と言っても良いくらい素晴らしい企業です。

 

 

アマゾンは、どこにでもあるような会社とは一味違います。

今では知らない人がいないくらい有名な大企業になりましたが、それは毎年色々な所に投資してたからこそ。

創業者のジェフ・ペゾスでさえアマゾンの成長を予測できないレベルになっています。

 

他社との違い

①新商品のリリースを公表しない。

②事業内容の幅が広すぎる。

③他部署のことなんてお構いなし。

④一つの経済圏を作りつつある。

⑤利益よりも先行投資。

 

アマゾンと聞くと、ネットショッピングしている会社と思われている方もいるかもしれませんが、実際は幅広くやっているんです。

映画や本、音楽などのエンターテイメント、インターネットで使用するクラウドサーバー、店舗販売などの小売り、今ではAIやドローンなどの最新のテクノロジーを使ってビジネスを手がけています。

もうアマゾン国が出来てもおかしくないレベルです。それくらい、アマゾンがないと経済が回らなくなるくらいの存在になりました。

 

感想は、最先端のビジネススキルが身につく素晴らしい本でした。

 

ビジネスで成功するには周りと同じことをやってはいけないと改めて実感しました。競争相手が多い所でいくら頑張っても無駄ってことです。

私はこの本を読むことで、ビジネスモデルをつくる上で大事な競争相手とうまくやるヒントや、一つのことにコミットする重要性を学べました。

 

アマゾンはまだまだ飛躍するでしょうし、私たちの生活に欠かせない存在になっていくでしょう。

 

一人でビジネスを始めたい!

起業に興味がある!

 

という方は、一度ご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう