UBER EATSとは出前サービスの進化系。破壊力は?

   

                      

このアプリが日本社会で普及してしまったらどうなるだろうか。

 

まだUberも日本の一部の地域でしか利用出来ないのに2016年9月29日に、東京の一部の地域(青山、赤坂、恵比寿、渋谷、六本木、麻布)でUberを使って出前をとる事が出来るUber EATSのサービスが開始されました。

アプリをスタートしたばかりの今だからこそ配達料も無料で1500円クーポンなど、利用しないと損するようなサービスですので、東京にお住みの方はどんどん使って下さいね。

あの、はあちゅうさんも利用されていますね。っていうか情報に敏感な方は、もう利用されている方が殆どです。

 

しかも普段はデリバリーサービスをしないようなお洒落なお店が最新アプリを利用していますので、これを利用すればお店に行かなくても彼女が喜ぶ美味しいものを運んでくれますよ。

 

ドライバーとして働く側だとどうなんでしょうね。

私は自家用車を持っているので、今はブルーオーシャンのUber EATSだから単価が高ければ山形から東京に出稼ぎに行ってもいいかなと思ってましたが、現実はそう簡単ではないようです。

仕事内容は誰でも運転さえ出来れば出来る内容なので、別に日本人しか出来ないって事もないので時給は1000円〜2000円と至って普通といったような感じです。

私はUberは利用した事があるので、その時に働いていた方は日本人のドライバーさんだったのですが、とても礼儀正しい方でお客様などの言葉を使って《おもてなしの心》を感じられて印象が良かったのです。

しかし、Uber EATSで出前を都内で利用するとなると車より自転車や小型バイクなどの小回りのきく乗り物がメインになってくるのではないでしょうか。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-12-21-22

 

Uber EATSと一緒に小型モビリティーも流行させたらいいのに!

 

出前サービスは、自動車では入りにくいような所にユーザーがいる場合が殆どだと思いますので、Uberが使用しているようなVIPカーよりかは小型EV車などが向いていますので、何で小型の車両も一緒に売り込まなかったのか疑問が残ります。

それとこのUber EATSが全国で普及したとすると、もう革命が起きるように社会が確変する事は間違いありませんので、これから色々な物がインターネットで繋がることによって次にどのような事が起きるのかを常に予想していかないと、すぐ時代に追いつけなくなりますね。

Sponsored Link

それにしても地方と都会の格差が日に日に広がってないか?

私はUber EATSを知ってまた田舎と都会の差別化が進んでいると感じ、地方に住む若者たちは東京で一定期間自分にあったビジネスを見つけ、ある程度お金を稼げるようになったら何もかも安い地方で起業すべきだと考えます。

田舎で安定とされている正社員や公務員になって一生暮らせるような時代は、日本経済や年金の問題からもう通用するはずがないので、ますます会社に囚われない新しい働き方が必要になってくるでしょう。

今が政治家が変わらないので新しいサービスは、規制がかかる前に一儲け出来るのが今の日本です。それを利用しないと損ですので考え方だけでも耳に入れておくべきです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー