トヨタは4月からカンパニー制にしてさらに進化する。

   

                      

カンパニー制って何?

 

天下のトヨタが4月からカンパニー制を導入してカテゴリー別に一貫管理をする見込みです。

カンパニー制とは明確な分け方は分かりませんが、ざっくり言うとトヨタ車だったらレクサスブランド、大型車、中型車、小型車とかSUV、ミニバン、コンパクトとかに分ける事です。今までは、一つの部署で色々な車を担当していましたが、トヨタがそれでは上手くいかないとみたのか7つのカンパニー分けして、そこに適任者を配属し、商品の企画から生産までの工程を一貫管理する仕組みです。

そうする事でスピード化を図るようだが、あれだけの大企業が今更カンパニー制した所でそう簡単にスピードが速くなるわけがないと感じます。

実際に働いている社員の皆さんは、トヨタの経営陣の変革にどう対応出来るかがカギになってくるのではないでしょうか。

Sponsored Link

今後の新型車に期待します。

 

私は雪国に住んでいるという事もあり、昔からSUV(4WD)が好きで結構な間乗ってきました。話題のSUVのC-HRがどのような仕様で日本で出てくるのか興味があります。

デザインはプリウスっぽいですが、何と言っても愛らしさがある車だと思います。

最近のトヨタ車はデザインが酷いとか言われていますが、今のトヨタ車なら私はそうは思いません。やはり新型車1台1台の個性を出すって難しい事なのかもしれないですが、デザインが良いと言われている欧州のメーカーは車種ではなく、そのメーカー独自で個性でしかありません。その点、トヨタは車種によって全然違う個性があります。

私はこれからのトヨタの個性に期待します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー