今、正社員でも20代だったら転職しとかないと稼げませんよ。

   

                      

時代が変わったという認識をしないと行き遅れてしまう。

 

新卒で入社した会社に生涯働き続けようと思っている人は、かなりヤバい状態です。今までの日本の教育プログラムは、《良い会社に正社員で入って定年まで働く!》

それが普通の生き方でした。

でも、その考え方はもう危険です!!

私はサラリーマンをしながら色々な事に手を出している人間ですが、親からは未だに、

 

頑張って昇進すれば給料が上がるから大丈夫。

 

と言われます。

世代間格差という言葉がありますが、世代が違うと価値観や考え方が全く違うので、分かり合えるはずがないのです。今の20代と50代なんか全然違うはずです。

50代のおっさん達に、教育をテーマにした堀江貴文さんの本を読ませてあげたいくらいですね。

この本は、価値観の違う世代の人でも分かるように書かれていますので、オススメの一冊です。

フットワークの軽い20代だからこそ、どんどん転職して自分のスキルをレベルアップしていく生き方はどうでしょうか?

 

最終的に、自分が社会にどう貢献したいか?

 

私は、20代の頃から正社員でもう10年以上になります。でも、29歳の時に転職して今に至ります。

転職理由は単純で、

 

通勤時間が勿体なかったから。

 

今までは、自家用車で1時間くらいかけて会社に通っていましたが、その時間は何も出来ない為、自宅から1分の会社に転職しました。

ただ新しい仕事を覚えるだけなので、ぶっちゃけ会社はどこでも良かったのです。

 

会社が変わると仕事覚えるのが大変だ!

 

とか言いますが、そんなのやる気の問題です。この会社に居ても得られる物がないと思えば転職すれば良いだけです。

 


まだまだ日本では、転職が悪と言われていますよね?

2020年の東京オリンピックが終わる頃には、それが間違っていると分かる日が来るでしょう。

 

自分の強みが何か知る事からのスタート

私は新しい物が大好きのと同時に、古くなると興味がなくなってしまう所があります。一見、マイナスイメージにも感じられますが最近はそれがプラスの方向に働いています。

新しい物をいち早く体験して、それを発信して人に伝えることが楽しくなって来ました。

自分の場合、会社で得られるものは今の所ないに等しいので勤務時間だけしっかり働いて、残りの時間を自分のスキル磨きに費やしています。

本当は、会社で色んなスキルを磨ければ一番ベストですが、自分の思い通りにやりたい事が出来る会社なんてありませんよね。

 

目標は2つ以上の専門家になること

 

これからの時代に求められる人材は、会社に貢献出来る人材ではありません。人の役に立つ人材です。

もはや会社での昇進を望むより、個人でやった方が楽な時代が来ます。

昔は起業と聞くと、お金も時間も知識も必要でリスクもあるので、起業する人が少なかったのですが、今は簡単に起業出来ます。

自分がやりたい事や、楽しい事を仕事に出来る可能性が高くなったと言ってもいいでしょう。

でも、一つの事をやり続けても上には上がいるわけで・・・。

 

じゃあ、2つ以上の専門性を持ち合わせた人ってどう?

 

そういう人って以外といないんです。20代の若い内からスキルと呼べる物を習得して、それを何個も持っていれば無敵になれます。

正社員で安泰だと思わないで、会社の枠を超えてスキル習得の為に転職を繰り返すなんて選択もありなのではないでしょうか。

それが2020年以降に普通になるかもしれませんよ。

STEM教育(STEAM)は日本の子供に必要だって知ってた?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

関連記事

 - 仕事 ,