STEM教育(STEAM)は日本の子供に必要だって知ってた?

   

                      

STEM教育は、年々注目されつつある!

まだこの言葉を知っている人は、少ないのではないかと思います。検索しても、まだまだ専門的なページしかないような状況です。でも、いずれ沸騰ワードにあがるようになるかもしれません。

これからの時代は、子供を普通に学校に通わせているだけで大丈夫という考えは捨ててください。義務教育なんて、道徳さえ教えて貰えば問題ないです。《掃除に学ぶ会》などという会が出来たのも、日本の道徳教育の衰退から生まれたのではないでしょうか。

 

STEM(STEAM)って?

S=サイエンス(科学)

T=テクノロジー(技術)

E=エンジニアリング(工学)

M=マスマティックス(数学)

これらの英語の頭文字を並べた言葉です。もし、この言葉の意味を知らなかったら、まだ遅くないので知ってくださいね。

手っ取り早いのは、成毛眞の著書《AIの時代の人生戦略》をサラッと読むだけで大体理解できます。内容も分かりやすいので一度読めば、今後どうしたらいいかが見えてくるでしょう。

STEMにA(アート)をプラスしたSTEAMが重要になってくる。

新しい時代を生きて行く人にとってアート(芸術)は、自分を表現するのに大事なスキルになります。表現方法が下手だと苦労する場面が多く出てくるでしょう。

そのため、科学、技術、工学、数学、芸術が次世代の子供たちに必要なスキルになります。

 

技術の進歩に対応できないと、ロボットに使われる?

テレビで話題になっている《AlphaGo》のように、AIの技術は日進月歩です。私たちの知らない所で、AIやロボットがどんどん進化していることを危惧しなければならなくなりました。

SF映画に出てくるように、

 

ロボット社会が人間社会を滅ぼす!

なんてことが起こるかもしれません。私たちがロボットに使われるなんて考えたら、反対に使う側にならないと大変なことになるのは容易に想像できますよね。

 

あなたは、どちらに なりたいですか?

会社では、《社員》と《派遣社員》がいます。待遇や責任、すべて違いますよね。それと、同じような格差社会がこれから生まれようとしています。

99%の会社はいらないと聞くと働いている自分もいらなくなる

まだ、AIの発達が私たちに直接影響を及ぼしているわけではないので、今から行動してもまだ間に合います。これから、インターネットが全ての物と繋がってきます。それが、モノのインターネット(IoT)になります。

もうスマートフォンやタブレットが手放せなくなるでしょう。反対に音声認識の発達により、PCなどの手入力は減っていくのでPC(パソコン)という物もなくなるかもしれませんね。

単純作業は、人工知能のディープラーニングで全て処理されるようになります。ディープラーニングは下記のサイトで詳しく書かれていますので参考にしてください。

ビジネスIT:http://www.sbbit.jp/article/cont1/32033

 

2020年にプログラミング教育必修化。

政府は、今までのモノをより良くすれば時代から、新しいモノを生み出さないと大変な時代になることを知っています。その為には、プログラミングが必要不可欠であることも。

かといって、プログラミング教育をするといっても、中身はまだ全然決まってないようですので、これから二転三転するかもしれません。でも、このまま2020年になってしまったら、

 

教える人がいない。

ということになる気がします。政府に任せていては、スピードが遅くて世界を戦える子供に育てることが出来なくなります。

今の内から自分の子供にはプログラミング教育をしていた方がいいです。でも、どうやってプログラミングを覚えさせたらいいのか分かりませんよね。

 

サイエンス系の番組を見て理数系の頭を作っておく。

成毛さんは、遊びながら楽しく学習していかなければ将来につながらないと言っています。まずは、サイエンス系のテレビを見てもらい興味をもたせることが重要です。全てNHKですが、見せてあげて下さいね。

1.サイエンスZERO

2.コズミックフロント☆NEXT

3.モーガン・フリーマン 時空を超えて

 

私は、この番組を今まで見たことがありませんでした。ところが、一度見てみると技術の進歩が素晴らしく、

これは、ついていかないとヤバいな!

と思ったくらいです。本当に時代の流れは早いのだと気付かされますので、見たことがなければ一度見てください。

 

技術の進歩が感じられるミュージックビデオもあります。

 

ドローンで空撮した画像を編集したミュージックビデオが、ユーザーの目をひき音楽を引き立てていますよね。技術の進化に感激します。

新しいコトやモノは、どんどん生み出されていきます。プログラミングの前に、まずは子供に好きになってもらうのが先なのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - オススメ本