自宅に欲しいソニーの新型プロジェクターLSPX-P1

   

                      

この外観と使い勝手はオシャレです。

 

2016年1月に新発売されたソニーのプロジェクターLSPX-P1がバカ売れしています。噂によると約半年待ちだそうな。

プロジェクターと聞くと何十万もして起動に時間がかかってある程度大きいし、持ち運びにも不便な感じがしますよね。

でも、今回ソニーがこのプロジェクターがその概念をくつがえしてくれました。まずこの動画を見て下さい。

参照:http://www.sony.jp/video-projector/products/LSPX-P1/

欲しくなりませんか?

 

私はバカ売れしている理由がなんとなく分かりました。

まさに次世代プロジェクターですね。何とも美しい未来型の生活が目に見えて来ますね。あいにく私の自宅は古いのでマッチしませんが何かカッコイイし、いつかそういう生活をしてみたいという憧れは誰にでもあると思います。

こんな環境で自分の子供が育ったらと思うと、何かワクワクしませんか?少し私の妄想もありますが、そのくらいの衝撃を受けました。

現代の子供達はゲームなど作られたコンテンツに興味を持って遊びとしていますが、それでは物を生み出すという創造力や発想力が育まれません。

私が小さい頃の遊びといえば、もちろんゲームもありましたが外で色々な物に触れたりジャンルを問わず何かを体験するという事が多々ありました。

今もある事はあるのですが、一方向に偏ってしまう可能性が高いです。

 

これで体験させる可能性が広がる。

 

sony-lspx-p1-16031504

 

 

 

sony-lspx-p1-16031506

参照:http://www.sony.jp/video-projector/products/LSPX-P1/

 

実はこのプロジェクター拡張性が凄い高いんです。スマホがないとダメらしいので、スマホでない方はスマホを持たれてからになると思いますがタブレットやPCのようなデバイスがあれば、例えばデジタル上に絵を描いたりクラブイベントのようにVJも出来ますし、プラネタリウムを自宅で体験出来るといったような様々な可能性が広がります。

このようにこれからの時代はIoT革命によってイノベーションが起こってきます。しかも素晴らしいスピードで。乗り遅れてしまったら格差社会の餌食になってしまいますよ。

これだけの機能、デザインやインパクトで価格が高いのかと思いきや約10万でお釣りが来るのです。是非オススメのアイテムです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー