新千歳空港でカルビーのじゃがポックルとぽてコタンの2つは買いです。

   

                      

北海道に来たら、北海道限定スナックを買って帰ればみんな喜んでくれます。

 

北海道の玄関口でもある新千歳空港。空港内には、色々な施設が入っており1日いても飽きないくらい楽しめる場所でもあります。

やっぱり新千歳空港と言えば、北海道限定お土産ですね。

カルビーから発売されている《ジャガポックル》と《ぽてコタン》をご存知でしょうか?

どちらも北海道名物のじゃがいもを使ったスナック菓子で、独特の食感と塩加減が絶妙で大人気です。

新千歳空港でお土産を買うなら、この二つをチェックして見てくださいね。http://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/shop/s83.html

 

じゃがポックル

 

北海道と言えば、まさにコレッ!!と言われるくらい有名なスナック菓子です。食べたことのある方は分かると思いますが、この食感がなんとも言えませんね。

これって本当に

 

もう少し食べたいな!!

って思ったくらいでなくなるんです。これが、じゃがポックルの魔力なんですよ。知らないうちに、一人で一箱は余裕で食べられます。

似たようなスナック菓子にじゃがりこがあります。じゃがりこは、あの硬さが病みつきになるということで、若年層に大人気です。でも、お年寄りには正直硬すぎます。

《じゃがポックル》は、《じゃがりこ》よりも柔らかい食感なので、歯の悪いお年寄りも食べられます。老若男女問わず食べられるのが、じゃがポックルの良い所ですよね。

 

ぽてコタン

 


じゃがポックルの影響が強過ぎて、あまり話題にならないスナック菓子が《ぽてコタン》です。発売されてもう3年くらいになるというのに、パッケージをリニューアルしても隠れた存在のままです。

私は、初めて《ぽてコタン》を食べて、何か懐かしい味がどこかでするのです。

最初は、別のメーカーのスナック菓子と似ているのかと思ってましたが、何十年前に発売されていたカルビーの商品だと分かりました。

 

私が、小さい頃に味わった味だったので、これで間違いないです。1972年発売なんてこんなに前からあったんですね。

《ぽてコタン》の方が塩味が濃く、お酒のつまみなどにもマッチしそうな感じがしました。この商品は、入っている個数も少ないので、あっという間になくなってしまいます。

大人の為のスナック菓子ということで、大人買いしてあげましょう。

この《じゃがポックル》と《ぽてコタン》は新千歳空港に行ったら間違いなく買いですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 旅行 ,