今20万円もするロボホンの未来はゴミになっている

   

                      

シャープは買収されて路頭に迷っている。

 

ロボホン (1)

 

シャープはレーザープロジェクターを内蔵したロボット電話のRoBoHoNを2016年5月26日に発売すると発表がありました。気になる値段は198,000円になる見込みで4月14日から予約開始されます。

高さは19.5センチ、重量は390グラムでスマホと同じ機能は大体付いていて、それにプロジェクター機能やロボットならではの対話の機能が内蔵されている。CPUは1.2のクアッドコアでメモリは2Gでストレージメモリが16G。

バッテリーは1700mAhでフル充電で大体1日使用できるようです。スマホのように幾つかのアクセサリーも用意されており、ユーザーのカスタマイズも出来るようになっている。

それにしても、あなたはこれを持って電話する事に抵抗がありませんか?

以外と恥ずかしいですよね(^^)

Sponsored Link

参照:RoBoHoN動作デモ -AV Watch

シャープといえば先日ようやく買収の合意に至ったわけですが、買収の合意に向けて動いている中での債務隠しの問題が上がり結局減額されての合意になってしまった。このようにシャープのような日本企業は、バレていないだけでまだまだあると思います。

 

何の為にシャープはロボホンを出したのか?

シャープ去年から開発発表を出していたらしいのですが、私はただロボット技術を広める為にロボホンを開発したとしか思えません。スマホも使いこなせない人が大勢いるのに、スマホより機能の多いロボット端末を使いこなせるはずがないのです。

やはり企業や技術者としては、ロボホンという名前を広めてさらに良い物を作りたいと考えているのかもしれませんが価格は一般ユーザーが手の出せない10万円を超える額でスマホの代わりとしては、大きすぎるので購入する方も限られてくるでしょう。

2020年くらいまではIOT革命の真っ只中です。人工知能のディープラーニングによってまだまだロボット業界は飛躍的に伸びる時期ですので何十年か前のパソコンと同じように1年で全然違った物になる可能性もあります。

 

10年後には間違いなく、なくなっている。

 

これからIOTによって様々な物がインターネットと繋がっていきます。そしてそこに人工知能が組み込まれているので、全ての物が学習するようになって映画で見たような世界観に変わって来るかもしれません。

最近囲碁の世界でもロボットが人間に勝ったなんていうニュースを見た方も多くいると思いますが、益々このような事が増えてくると本当に人間がロボットに支配される日もそう遠くない気がします。

今は最近の技術を駆使して最高の物を詰め込んだ物かもしれませんが、ほんの1.2年もしたらさらに良い物がどんどん出てきて見向きもされなくなるのが目に見えています。

これから半年〜1年程度は注目の的なのかもしれませんが来年にはさらなる良い物が世界を賑わせているでしょう。そしたらロボホンもヴァージョンアップして進化していくしかありませんね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー