ライドシェアサービスって何か知っておこう

      2017/10/01

                      

Airbnbの車バージョンと思って下さい。

 

シェアとは共有する事。共同で持つ事ですがこれから何年かしたら物はシェアするのが当たり前になっているかもしれません。

少し前にTVでシェアハウスという番組を見た方は分かるかもしれませんが、一つの家を共同で使用するサービスがAirbnbのサービスになります。現在の日本は成熟していて物がたくさん有り過ぎて作っても売れなくなっています。

家や車などの高額な物はローンで購入する人が多いですが、何十年ものローンを組んで借金を返す為に会社でやりたくもない事を定年までやり続ける時代は終わりを告げようとしています。

そこで、同じ価値観の人だけが繋がって共有するサービスが流行るようになってきています。まだ出始めのサービスなので興味がない方が殆どかと思いますが皆さんも是非シェアについて知ってもらいお得なサービスを早く受けてもらいたいです。

実際にビジネスの拠点のシリコンバレーではUber(ウーバー)やLyft(リフト)などのベンチャー企業のライドシェアビジネスが爆発的に拡大しており、それが世界中に飛び火している状況にあります。

実際に私がUberを利用して感じた事を記事にしましたので、参考にして頂ければ幸いです。

http://arata-takuya.com/uber-taxi/

Sponsored Link

シェアする事によって得られるメリット。

1.安く利用できる。

2.身近な人と交流できる。

3.物の使用年数が長くなるので環境に優しい。

 

全く新しい物を買うより信頼出来る人と共有で使った方が圧倒的に安くなります。私友達いないからダメだ。と思う方がいるかもしれませんが、現代はSNSの時代ですのでfacebookは実名なのでオススメしませんが、ツイッターやライン、スカイプなどのツールを最大限に利用して自分の好きな人探しから始めれば良いのです。

残念な事にこれらのSNSサービスは海外の企業が作ったサービスですので、そろそろ日本独自のSNSサービスが出てきてもおかしくないと思っています。

それで自分の好きな人とだけ交流して色々な物事をシェアして、さらにお互いが仲良くなり距離感がなくなって幸せになれると感じます。嫌な人とだったら絶対に無理ですが例えば同じ趣味をもっている人や、やりたい事が同じの人など探せばいくらでもいます。ただ探す努力をしていないだけなんです。

シェアするという事で一人が飽きたり必要なくなっても、また別の人が必要になりそれがスパイラル化していきますので最終的には、物を長く使用する事が出来て地球のエコにも繋がります。

良い事ばかりですね。

 

日本ではnotteco(ノッテコ)が代表的です。

 

Uberが一部の日本でもサービスを開始して福岡では初めてライドシェアの検証プログラムが開始されました。福岡市の方は頭の柔らかい人が多いようで市が認めたのだと思います。他の都道府県はタクシー業界に反発をくらい認可がおりていません。

日本でもnottecoというライドシェアリングサービスがあります。

長距離運転するドライバーが、ドライブ情報と車の空いている乗れるスペースを事前にアプリに知らせる事で、同じ区間を移動したい希望者が相乗り出来るサービスです。長距離ドライブに必要な高速道路料金やガソリン代をシェアした人数で割ることで、お互いに節約することができます。

このようにシェアはお得な事ばかりですので是非活用して頂ければありがたいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - インターネットビジネス