1年で売るならヴェルファイア、アルファードを買え!!

      2017/05/07

                      

ヴェルファイアバブル到来中!!

 

今、日本車で一番世界のお金持ち達が欲しい車がヴェルファイア、アルファードです。よく、こんなところに日本人などのTVを見ていると、アジアの先進国の車の使い方は凄い光景ですよね。ピックアップトラックに何人も乗って移動している光景を目にした方がいらっしゃると思いますが、やはり彼らが車に求める事は多人数を運ぶという事なのです。

その人達がお金を手に入れても、根本的な所は変わりませんので大人数を運べる高級車がステータスとなりミニバンの最高クラスが欲しくなるわけです。

 

ミニバンはトヨタが世界一。

 

高級車と聞くとスポーツカーやセダンが有名ですが、セダンだったらメルセデスベンツやBMW、マイバッハだったり、スポーツカーだったらフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなど、このジャンルでは強豪他者が混在している為、一人勝ちは出来ませんよね。

ですが、ミニバンの高級車は?と思うとまだトヨタのヴェルファイア、アルファード、日産のエルグランド、メルセデスベンツのVクラスしかないような気がします。

Vクラスの新車はディーゼルしかないようなので今はフォルクスワーゲン問題で逆風が吹いていますので信用度が低く、日産のエルグランドもブランド力に欠けます。

トヨタにはレクサスがありますが、幸いにもミニバンのカテゴリーがありません。現時点でアルファード、ヴェルファイアがトヨタミニバンのフラッグシップなのです。

Sponsored Link

海外で買うと1500万くらいする。

 

日本では4.500万で買える物が海外では1500万円もするようなので、もう本当に富裕層しか買えませんよね。なぜ、一年乗った方が良いかというと関税の問題です。

新車の輸入関税はありえないくらい高いので1年経てば中古車扱いになるので新車に近い状態の車両を安く買えるという事になります。

しかも、一年乗って売る人なんてこの話を知っている方や貿易の仕事をされている方しか分からないので中古で出てくる台数が少なく取り合いになって価格がつり上がる場合があります。(運次第ですが)

 

アルファードとヴェルファイアどっちが良いの?

 

この話になると、アルファードは最初に香港やシンガポールの中国系富裕層に人気が出た事からそれがアジア各国に広まって行ったのでアルファードブランドには凄いものがあります。その為に、並行輸入出来てすぐにでも欲しい人は高いお金を出せば買える国が多くあります。

方やヴェルファイアは2008年日本専売デビューしてまだ日が浅く、並行輸入している国も多くありません。

人気はアルファードと同じくらいありますので、新車を買うならヴェルファイアが良いのです。

ヴェルファイアが良くてもただ適当なグレード、装備を買えば良いって訳でもありません。国によって人気、不人気があるのでその見極めが重要かもしれません。

実際の売買体験や具体的な購入グレード、装備については、また別記事にて紹介致します。

ヴェルファイア、アルファード以前にトヨタに関してまとめた記事がありますので参考にしてもらえたらと思います。

トヨタの新車を毎年乗り換えて儲かる。

 

2017年の新車乗り換えプランを紹介しています。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

 

  

関連記事

 - トヨタ車