ゲーム株の任天堂がポケモンgoでスタートダッシュした話

   

                      

ここから任天堂のさらなる暴騰が始まるかもしれない!

%e4%bb%bb%e5%a4%a9%e5%a0%82

2016年7月初旬、アメリカのナイアンティック社と株式会社ポケモンによって開発された《ポケモンgo》は日本では知らない人がいないくらい人気があり現在は、少し落ち着いてきた頃かもしれません。

任天堂はゲーム株の中でも時価総額が大きく東京一部銘柄任天堂の今期1Qはというと、さんざんな結果でしたね。任天堂とポケモンgoの関係をみてみましょう。

このように任天堂には株式会社ポケモンの利益の32%が入っているようですが、世界中のあちこちで《ポケモンgo》が流行っていて社会現象にまでなっているとすれば、もの凄い効果があるのに間違いありません。

あのパズドラのガンホーは日本市場だけの事で、あれくらいの株価になりましたし、今の任天堂の状態は最悪の状態なので売りで入る投資家も最後まで売り切る勇気が出てこないと思います。

業績に関してのIRが出てしまったら破産するレベルになりますからね。

 

個人が入りにくい株価程、暴騰する可能性が高い。

 

基本的に私がこの任天堂の株について考えた時に、個人投資家では高すぎて大型ファンドの遊び場になっていると感じます。要はマネーゲーム化している可能性が高いと感じます。

この事から個人投資家は遊ばれて最後には損してしまうと思うのが今までの流れでしたが、今回の《ポケモンGO》は可能性があり過ぎます。少し良いニュースが出ただけで人気が最初からありますので出来高は何もしなくても増える事から、お金の持っているファンドが仕掛けやすくなります。

しかも、ポケモンgoを世界中の人たちに広める事が出来れば、今現在この手のゲームの先駆者の立ち位置にあるので、材料は無限大にありますね。

今の任天堂株は大口による振るい落しが激しいので個人投資家は入りにくい相場環境になっていますが、いずれIRをきっかけに出来高急騰すると予想します。

 

260万という高額資金を投資することが出来るか?

 

私のような一般のサラリーマンが260万もの大金を投資するのは、大変なことかもしれません。しかし、今の時代ただ貯金ばかりしていては、お金は徐々に増えて来ていると思い込んでしまっていて、実際はお金の革命によってお金の価値がなくなりつつある事を知らない方が多いのではないでしょうか。

 

お金の革命、フィンテックとブロックチェーンの意味って何?

 

投資はある程度の知識があれば、誰だってお金を増やす事が出来ます。しかも簡単にです。

任天堂株に投資したいと思ったら信用取引を使えば90万くらいあれば投資出来ます。簡単に言えば信用取引というのは投資資金の3倍まで購入出来るという取引きです。

確かにマイナスになった場合、その分損をする額も大きくなりますので自分の中で何万マイナスになったら、株を手放すという事を決めてそれを徹底すれば、損も少なくてプラスの投資が出来るでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 株式