ムヒカ氏の問いに日本人の若者はどう答えるべきか?

   

                      

今リアルタイムで初めてムヒカ氏を知り、彼の偉大さを知った。

 

世界で最も貧しい大統領の名で知られていますが、私はTVで特番で放送するまで全然知りませんでした。私はパッと見、80歳でありながら未だに様々な人々に影響を与え続けている人だなと感じました。

現在リアルタイムでTVを見ながら考えているのですが、彼の一言一言が非常に興味深く本当のリーダーのような存在で、私たち日本人が

これからどう生きるべきか?

を真剣に考える時が来たと言っているような気がしてなりません。

何度か私も自分はこれからどう生きていくのかを考えた事がありますが、やはり歳を重ねて死を意識するようになった時に後悔のないような人生を送りたいと思います。

Sponsored Link

今の日本の政治家にはムヒカ氏のような偉大な人が必要だ。

 

彼も日本に対して忠告しているように、真の指導者が必要だと感じています。私が知っている中で田中角栄氏や小泉純一郎氏は、現代の政治家とは少し違っていて人々が無意識に引き寄せられる力がありました。

しかし今の政治家たちは、私達の事なんかどうでもよくて選挙の事ばかり考えているような感じがします。新しい内閣が出来るたびにお金の問題を調べられて最終的には責任を取って辞任するといった、意味のない人事に時間をかけている事が多いので国民から見たらただの給料泥棒ですね。

会社でもそうですが上司に限って管理が仕事などと大口を叩いて部下に指示をし、自分は経営者の顔色を伺っているだけといったような人が、あなたの周りにも多くありませんか?

給料を多く貰っているのだから、部下より仕事をして貰わないと割に合いませんね。

現代の日本人は政治家にしろ会社の上司にしろ、やりたくない事をやっている人が多いので仕事に対しての取り組み方や生き方が明確でなく惰性で動いているのだと感じます。

そこにムヒカ氏は釘を刺してくれました。このままだと日本が危ないのは事実です。まずは政治家から変わる必要があります。党を合併したってリーダーがいないのだから纏まるはずもありません。時間の無駄です。

しかしその政治家を決めているのは、私達国民なのですから私達にも責任はあるとは思いますが投票したい党や人がいないのですから、しょうがないですね。

 

一人一人が変わらないと国は滅びる。

 

私達は現在成熟した時代を生きています。物はなんでもありお金があれば大抵の物は手に入れられる。こんな幸せな国はそんなに多くありません。

あなたはイスラエルという国をご存知でしょうか?

イスラエルは常に治安が悪く、常に死のリスクがつきまとってきますので小さい頃から生きる為に何をすべきか考えています。その為には、前向きに考えて自分を成長させ続けなければなりません。

その結果、新しいイノベーションが生まれイスラエルという国にVC(ベンチャーキャピタル)達が集まって投資するのです。

このように人の生き方は環境によって全てが決まります。今の日本の良い環境は徐々に下降していきますので、私達にも生き方を本気で考える時が来たのです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー