Kindleを利用して個人が作家になれるのは今しかない!

      2016/12/03

                      

キンドル・アンリミテッドとは?

 

Amazonは知っているけれど、横に書かれているKindleって何?っていう方が多いと思いますが、パソコンで《キンドル》と打つと変換されるくらいの有名単語である事に間違いありません。

誰もが知っているアメリカの大企業Amazonが2016年8月にKindle Unlimitedというサービスをスタートさせました。このサービスは月額980円でコミック、漫画や小説、ビジネス書などのコンテンツが電子書籍として読み放題になるお得なサービスです。

これは読み手側が月額980円払えば読み放題というような読み手側にだけにお得なサービスに思えますが、実際にはサービスがスタートした今だからこそ、書き手側が稼ぐチャンスなのです。

 

お金を払って本を買う時代から月額でダウンロードされる時代へ。

 

今までは本を出したいと思っても仲介役である出版社がいないと成立しない為に、出版社に売り込みに行った上で良い評価を得られる事が出来なければ時間の無駄になっていました。

それが、このAmazonのKindle読み放題サービスが始まった事で出版社がいならくなり今度は大手の出版社が猛反発しているような状況です。本が売れることによって印税が入る仕組みから、本のページ単価PV数によって印税が入る時代に変わる転換期といってもいいでしょう。

過去の宣伝しても本が売れるかどうか分からない状態から、無料で宣伝も出来てしかもノーリスク。漫画や小説を書く事が好きな人に願ってもない稼げる時代が到来しています。

有名小説家や著名人不在の今だからブルーオーシャンで稼げる市場でもありますので、今の内に本や漫画を描く能力のある人は会社なんて行っている場合じゃありません。好きな事をするだけでいいのです。

 

本を出版したいと思っている方はすぐ行動するべき!

 

photo-1476490490574-93b86dc78e62-1

よく異業種交流会などのセミナーに通っているような行動力のある方と話すと、

最終的には本でも出して印税で生活したい。

という人が多くいます。セミナーや教材などを売りにして稼ぐのもいいのですが、印税生活は誰だってもっと良いと思うはずです。人間には限られた時間しかありませんので権利収入を得るというのは、自分が何をしていても稼げるといったような状態ですので、誰もが目指している理想の稼ぎ方ではないでしょうか。

 

やらない理由があるなら教えて欲しい!

電子書籍を売るという事にリスクがあるのなら、やらない選択もありますが、はっきり言ってノーリスクです。電子書籍をKindle上にアップロードさえしてしまえば、人件費もゼロで在庫も持つ必要がありません。

さらにお客様は購入からダウンロードされ放題になりますので、本が別に面白くなくてもページが読まれる毎にお金が入ることになります。

それが分かれば、やったもん勝ちのような感じですので特に若い学生さんなどは、就職活動なんてしてないで時代の変化に合わせて行動する耐性を身につけて貰いたいですね。

 

スマホが普及した今だからこそ電子書籍が売れる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-16-12-21

今の中高生なんかはテレビよりスマホを見ている事の方が多いと聞きます。スマホならテレビには出来ない今自分が欲しい内容を検索して、自分が求めていた情報に限りなく近い情報が得られます。

今10代の子供達が社会人になって自己啓発や将来について深く考えるようになったらどうなると思いますか?まずは検索すると思いませんか?

それまでに人が興味を持ちそうな事や、人の為になる事をアップしておけばいいのです。

まず何から始めたら良いか分からないという方には、代行サービスもありますので競争相手がいない内に稼いで下さいね。キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

 

翻訳機能が発達すれば世界にも発信されるようになる。

 

もう日本だけに頼っていては、時代の波に乗り遅れてしまいます。グローバル社会という言葉をよく聞きますが、本当に世界を相手にした仕事をしないと生き残れないような気がしてなりません。

別に日本では1万円しか稼げないとしても、いずれ翻訳機能の発達により世界中の人々からダウンロードされれば、2016年10月現在のピコ太郎のようにビックリするような人気が出る可能性だってあります。

これからでも遅くはないので、世界に向けたビジネス構築を初めてみてはどうでしょうか。

 

トヨタの新車を毎年乗り換えて儲かる。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - インターネットビジネス, 仕事