仮想通貨がバブルだと感じるのは2018年。買うなら今しかない。

   

                      

2017年、ビットコインが240万まで上昇。現金決済からスマホ決済に変わる。

 

ビットコインと聞くと、《何となく分かるけど、持っていない》という人が未だに多いです。最近、テレビでビットコインのような仮想通貨を使ってスマホ決済している姿を見かけませんか?

メジャー所ではApple Payなどがありますが、Apple Payで支払い出来る所は限られています。

2016年は10万円にも満たなかったビットコインが、なんと20倍まで値上がりしています。もし、1年前に10万円分ビットコインを購入していたら現在は150万〜200万円になっていました。

これが投資というものです。

しかし、これが長続きするはずがありません。

仮想通貨について分からない方は、詳しく書かれている所がありますので参考にして下さい。

仮想通貨とは?https://xtheta.co/guide/virtual_c.html

 

認知度を上げる為に、バブルにする必要がある。

 


2017年、仮想通貨が大幅に上昇したことから一気に参入者が増えました。参入者といっても若い人が大半ですので、ユーザーが増えたことによる上昇が大きいですね。

その他、世界中で取引が開始されたり、決済が出来るようになったりと様々な期待から仮想通貨は何十倍にも値上がりしています。

その中でも一番上昇率が高いのは、モナーコイン。

モナーコインの暴落で仮想通貨がお金の危険な現状を知る

 

私が購入したのは3円〜4円の時でした。ざっと300〜400倍になっています。他にもビットコインやネムを安価で購入していたこともあり、今では1日1000万単位で資産が増減しています。

私は株式も所有していますが、株式投資額に比べればほんの少ない金額を投資しただけ。まさに、先行者メリットですね。

 

当時は直感で面白そうだから投資してみよう!!

と思って即行動しただけです。

 

 

団塊の世代が買い出したら下落相場の始まり

 

現在の相場を見ると、まだ若い人中心の売買傾向にあります。ビットコインに関しては、値動きから一部の投資家や資産家が参入しています。

でも、まだ素人が参入していません。

株式市場と同じで素人が参入してこそバブルが生まれ、そして弾けるのです。私はそれが2018年に起きると思います。少なくとも2020年までは、もうひと暴騰あってもおかしくないです。

あくまで予測ですが、この辺りで素人が参入してくる相場を作らないと高値で売り抜けられないからです。他に投資対象がないのも理由の一つです。

 

2018年は仮想通貨バブル。

2019年は株式バブル。

 

どちらが先に来るかは誰も分かりませんが、どちらとも来る可能性が高いです。

 

仮想通貨は株式のような配当、優待がない。

株式投資すれば毎年配当を貰えたり、優待券を使ってサービスを受けられるというメリットがあります。でも、仮想通貨投資には一切ありません。

そもそも通貨なのですから。

もし、今の現金がなくなってしまったら現在、仮想通貨と呼ばれているビットコインのようなものが《通常通貨》になります。もちろん、その時点で日本紙幣は紙切れです。

そうなると、どこでもスマホで簡単に支払いが可能になり、社会の支払いに対する認識が変わりますよね。仮想通貨の価値も、国によって規制がかかったり暴騰と暴落を繰り返すでしょう。

ここ一年で仮想通貨市場は何倍も暴騰していますが、それは一部の投資家が参入したからです。彼らが投機と思って仮想通貨に投資したのが2017年です。

 

平成の最後は、バブルで締めくくるはずです。

 

今から仮想通貨を買うのは怖いという人もいるのは当然です。ずいぶん上がってますからね。でも、まだまだ認知度が低いので私の住む田舎では話題にもなりません。

大きく投資するのは出来なくても、少額投資なら投げ銭だと思って投資すべきです。私がそうでしたから。

これから絶対来るであろうバブルに向けて《天皇退位》も決まったことですし、この先数年は、投資家や資本家にとって最高の年になるかもしれませんよ。

まずは、少額投資からはじめて勉強してから投資額を増やすのがベストです。積立投資は本当おすすめです。

Zaifコイン積立で毎月投資すれば、いつの間にかお金が増えてる?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - お金の話