神薬は中国人や台湾人が知っていて日本人は知らないの?

   

                      

神薬って聞いた事ある人が圧倒的に少ない。

6b9cd69ff616fcd82550cb6b9d18aa17_s

私も神薬と聞くと正直変な薬なのかなって思いました。実際あなたもそう思いましたよね?神薬とは、

日本に行ったら買わねばならない12の医薬品です。

この情報を発信したのは誰か分かりませんが、中国版のLINEのようなもので中国全土にあっという間に広まったと言われています。

12の神薬リストがこちらです。

1.サンテ ボーティエ 目薬

2.アンメルツ 筋肉痛薬

3.サカムケア 液体絆創膏

4.熱さまシート 発熱用湿布薬

5.イブクイック頭痛薬 頭痛薬

6.サロンパス 湿布薬

7.ニノキュア スキン薬

8.ハイチオールC 美白薬

9.ビューラック 便秘薬

10.口内炎パッチ 口内炎薬

11.命の母 女性薬

12.龍角散ダイレクト 喉薬

こうしてみると昔からある物が多いですが、私が知らない物もあるのでビックリです。薬の事は日本人より海外の方が詳しいかもしれませんね。

実際は少し入れ替えされているかもしれませんが、中国人が好んで買っていくのはこの商品が多いという事になります。

Sponsored Link

流行は台湾や香港から始まり中国に広がっていく。

 

現代の中国は、あなたもお分かりのように嘘の大国と呼ばれるくらいコピー商品やパクリのサービスで溢れかえっています。その中で《日本で販売されている12種類の薬が良いから日本へ行ったら買ってこないと損するよ》って言った所で誰も信じるはずがありません。

そこで中国人は台湾と香港で流行っている物やサービスなら信じられるという事で、少し時間をおいて中国でも人気が出てくるのです。

こうしてみると私たち日本人は、毎日当たり前のように自国の物を購入したりサービスを利用したりしていますが、他の国では安心して購入したりサービスを利用したり出来ないのが現状です。

今の日本は給料が上がらなくてダメだとか、政治家たちは何やっているんだとか、誰だって色々な不平不満はあります。しかし、他の国の事を知ると私たち日本人は日本に生まれてきて本当に良かったんだと、心の底から思えるようになりますね(^^)

 

爆買いはどうなってしまうのか?

 

2015年の流行語にもなった《爆買い》ですが、中国や台湾その他のアジアの国々の方が日本に押し寄せて来て、様々な物を購入してくれます。

一番の理由は円安だからです。民主党が与党の時は1ドル80円くらいでしたが、安倍政権になってから一気に120円と40円も円安になりました。簡単に言えば円の価値がなくなってきたという事です。前は円高だった為に海外旅行や外車などの外国製品が安く購入できましたが、現在は反対に日本で買うと高くなります。

日本は今、大安売りセールをしている国なのです。こんなに何でも安心して購入出来る国でセールをしているのですから、外国人が買いに来ないはずがありません。それでインバウンドビジネスが飛躍的に伸びているのです。

ここからもし円高に振れても、日本の物は全て良い物で安心出来るのには変わりないので、爆買いとまではいかなくなるかもしれませんが台湾や中国の方は、買い溜め志向が強いので安定的に購入してくれるでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー