2017年10月1日。CAMPFIREでクラウドファンディングを開始し、たった2ヶ月程度で1000人以上から支援して頂いた結果、10,000,000円の資金が集まりました。

本の感想なんか聞いても行動しなければ意味がありません。

私はキンコン西野さんが、本の内容を無料公開するという話を聞いて興味を持ち今回の企画を知って10,000円を支援したのですが、そのリターンが素晴らしい体験になって驚いています。

2018年3月18日、10,000円を支援して頂いた人だけが参加出来る《1万人飲み会》というイベントが豊洲のワイルドマジックで行われました。

そこで体験した一部始終をこれから伝えます。

本の感想よりも、本の売り方に注目したい

 

クラウドファンディング(通称クラファン)は、以前よりは普及して来ましたがまだまだ田舎のサラリーマンまで浸透していません。私の周りの人に聞いても、

 

クラファン???

 

こんな感じです。

私はAbemaTVの《徹の部屋》という番組を良く見ていて、たまたま、2017年の年末の番組の中で《革命のファンファーレ》のクラファンの話をしていたんです。

 

10000円を支援してくれたら、特典があります!

 

といった感じでした。

番組の中で支援者特典が次々と決まって行くスピードに圧倒されて、その場でCAMPFIREに登録して支援者になることに。

その時は、もう自分が吸い込まれていくような感じでしたね。AbemaTVの記事です。無料で自由な番組を見れますので、まだ知らない方は是非!

abemaTVを見て日本のテレビ局の未来はないって実感した!

 

どんな人が支援してるの?

実際に参加してみると、年齢層は30代以上の方が多かった気がします。飲食は、ほとんど無料で提供されていましたので飲み放題、食べ放題といった感じでしょうか。

 

会場に入ると、やっぱりこの本です。

 

ブックタワーの見せ方は素晴らしいものがありますね。特別な表紙で違った本のように感じますね。

会場に入ったら基本自由行動なので、ただ飲んで酔っ払って終わりの人もいますし、交流を深める場所にしてもいいです。

私は後者の方で、とりあえずどんな人がいるのか興味があったので色々な人に話しかけてみました。

起業家、プログラマー、ミュージシャン、ライター。色んな職業の方がいました。

話してみると、コミュニティーの話になって都会では、仕事をしながらコミュニティーを掛け持ちしている人が多いと聞き、田舎の青年団とまるで違うって感じたところです。

田舎はつながりは強いかもしれませんが、未だに年功序列でただ集まっているだけなんですよね。当然付き合いたくない人も沢山いるはず。

以前書いた記事です。時間があれば読んでみて下さい↓↓

キンコン西野さんの革命のファンファーレで無料革命は起こるのか?

 

10000円払って体験したこと。

 

写真を見て貰うと分かると思いますが、素晴らしい人たちが揃っています。AKBを作った秋元さんなんかはレアキャラみたいです。

《キンコン西野さんの1日の時間を自由に使えます》という企画が面白くて、神の手アプリから申し込むだけで、当たると西野さんの時間が買えるという無茶振りもありました。

その企画に秋元さんが言及して、

 

時間を割って多くの人に使って貰ったら!

 

とさすが分かってますね。

その他に、堀江さんの《肉磨き》も素晴らしいパフォーマンスでした。お肉についても勉強になった気がします。

具体的な特典は以下になります。↓↓

 

革命のファンファーレは信用という価値を手に入れた

 


私がリアルタイムで感じたことです。私には刺激の強い体験でした。

あまり詳しく書き過ぎると、支援者の方に悪いのでこれくらいにしておきますが、キンコン西野さんは常に先を行っているという印象を受けました。

堀江さんも同じく3年くらい前を生きています。私がこの場に行ったのは

 

同じジャンルの人は自然に集まる!

 

ということを証明したかったからなのかもしれません。

山形と東京は距離があっても飛行機で45分です。そう考えれば大した距離でもないので、普段会えない人と間近で話すだけで生き方は簡単に変わります。

正社員はメリットないよね?10年以上勤務した私の年収の変化。

 

信用革命があちこちで起きているんですね。

これからコミュニティーは益々増えていくでしょう。その中で、どのコミュニティーが自分に合うのか?合わないのか?そこが問題になってくるのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう