株式投資を始めた理由は単純でただ儲かると思っただけ。

      2016/02/26

                      

ガンホーバブルが凄かった。

 

私が株式投資を始めたのが約3年前で、その当時はガンホー全盛期でガンホー株が100万以上して、そこからまだ上がるという異常相場でした。

それで興味をもって早く証券会社に口座を持たないとガンホー株が上がってしまって買えなくなると思ったので会社を早退してまで、銀行に手続きしに行った覚えがあります。

手続きに結構時間がかかったような気がしますが、無事口座開設出来て念願のガンホー株を手にする事が出来ました。そして、案の定値上がり続けました。

当時はガンホーが市場を引っ張っていたので、ゲーム株だけバブルが起きていて何を買っても儲かるような相場でした。

この年は私もそれに乗っかって儲けさせて頂きました。

ところが、次年度

新興市場の暴落が頻繁に起きました。

 

私が口座開設したての頃は、マザーズやジャスダックのような値動きの激しい新興市場にばっかり投資していました。上がる時は大きく上がるので、そこで良い思いをさせて頂きました。

それに慣れてくると東証1部の大型株などの値動きの悪い株には興味がなく新興株ばっかりで売買する為、上がり相場の時は良いのですが下がり相場の時は1日にそんな下げるのかっていうくらい大きな下げをする時もあり損失が大きくなった記憶があります。

Sponsored Link

全部現物のみの取引です。

 

下げ相場で信用買いをしていたら今頃、株式投資は退場していたと思います。

株式投資の怖い所は金銭感覚をマヒさせるような事が頻繁に起こるという事です。売買のマイルールを決めてからの投資を進めます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 株式