ホリエモンの本音で生きるは是非若者に読んで欲しい。

      2016/10/12

                      

日本人全員が読めば日本が変わる。

 

と言えるくらいの本である。堀江貴文さん。

私は彼に会った事はないが、今一番会いたい人でもある。起業家だったら彼の名前を知らない人はいないだろう。

私が彼に本格的に興味を持ったきっかけが、近畿大学の卒業式の伝説のスピーチです。特に、

レールの敷かれた上をただ走ってきた人生をここで終えることになります。

この言葉にぐっと引き寄せられました。

 

私は、30代ちょいの今まで敷かれたレールの上をただ何も考えずに歩いて来ました。普通の学校を卒業し、ただなんとなく正社員で入社した会社に10年も勤務していました。退職して気付いたのですが、会社を辞めたら自分は何も出来ないんだという悔しさが込み上げてきました。

このスピーチを聞き終えた瞬間、何だが自分が小さく思えてどこか苛立つ感じもしました。今まで我慢してきた事が多かったので、これからは自分に正直に生きようと思った瞬間です。

実際に会社で頑張っても儲かるのは経営者だけで自分が頑張って他の人がサボっていても同じ評価になる場合があり、真面目にやっている人が損する事もあります。そのなの、絶対おかしいですよね。

そこで、自分で稼ぐ力を付けたいと思い、まずは時間を確保する為に通勤時間をなくすという事で家から近い会社と選び、空いた時間を稼ぐ勉強に費やそうと思って、今現在もそれを続けています。

Sponsored Link

今となっては、自分のメンターはホリエモンである。

 

人間を変えるのは、人、旅、本である。その中の人は一番影響があると言っていいだろう。皆さんには恩師と呼べる人や心の底から尊敬している人がいますか?

今そういう人がいると思った人は本当に幸せな人だと思います。残念ながら私にそういう人はいません。

そもそも私は人に興味がありませんでした。大勢でいるより孤独が好きだったので、いつも一人か二人っきりが当たり前で人前で喋ったりする事は前から苦手で会社で皆んなの前で話す事は今でも苦手なので、しょうがなくやってます。モチベーションが下がりやる氣がなくなるだけです。今の上司も馬鹿なので、自分の本質を見抜けず細かく何でもやれと言ってきます。やはり会社は上司や経営者次第で全てが決まると思います。

そんな人に嫌な思いをして振り回されるんだったら、自分で稼ぐ方法を見つけた方が楽だと考えています。

ホリエモンは嫌だったら辞めてしまえ。とかやりたい事は今やれ。とかっておっしゃっていますが、まさにこの通りで今が一番大事で自分が今日やるべき事は何なのかが重要だと思います。

 

自分が今やるべき事は何か、分かっている人は以外と少ないのでは?

 

普段会社に勤務している人の大半は、仕事が終わったら家に帰ってご飯を食べ、TVを見たりして時間を過ごしてお風呂に入って眠くなったから寝るというような生活を毎日続けていると思います。ただ何も考えずに時間だけが過ぎている事が多くありませんか。

自分が以前そうだったので会社の事は日に日に慣れていくので、それが日課みたいになりそれで満足してしまうケースです。

それでは、今の会社がもしなくなってしまったら全て無駄な時間を過ごして来たということになります。

そうならない為には、まず自分の好きを見つける事です。好きな事なんてないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、長い休みの日につい、やってしまっている事が好きな事かもしれません。まず、今やりたい事全部をやってみて、そこから好きを見つけていけば良いと思います。

 

好きが決まったら毎日行動するのみです。

実際に私は仕事が終わって、明日の仕事に行くまでに毎日好きな事をしていて今それが習慣化してきました。やはり、続けるという事が大事です。

今の生活に満足していないと思っている人や、何をしたらいいか分からないと思っている方は是非この本を読んで考え方を変えましょう。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

 

  

関連記事

 - オススメ本, 自己啓発