保育園に入れなかったらすぐ地方に来い

   

                      

地方は子供が居なくて保育園が余っている。

保育園に落ちた

日本死ね

20160305-00055080-roupeiro-000-7-view

 

この問題から私も考えるようになり、日本の未来はどこに向かっているのか正直不安でなりません。

私は、今東北に住んでいて同世代の友達の子供も今ちょうど保育園に入る年齢ですが、保育園に入れないなんて一回も聞いた事がありませんし、近所でも聞いた事がありません。

反対に地方は過疎化が深刻な問題で若者が都会に出て行き、老人が残るといったような逆の現象が起きています。子供は減っていく一方なので保育園も縮小していき、前は私の住む地域に保育園と幼稚園がありましたが、今は幼稚園がなくなり、保育園のみになっています。

都会と田舎では全くと言っていい程、正反対の事が起こっています。

現在東京オリンピック効果でまた人々が東京に集まって来ていると感じますので、ますます都会と地方の年齢格差が広がっていくと思います。

そうならない為にも政府が若者の為の何かを規制する法律を作って、選挙し若者に選んでもらえば良いと考えます。古い考えがそうさせてしまうと思いますので、政治家が変わらない内は何をやったって変わりません。

ですが、政治家を選んでいるのは私達なのですから選挙にも行かない若者が増えている以上、政治家は票集めの為に選挙に必ず来る層をターゲットにしています。やはりまず若者は、少しだけでもいいので政治に興味を持ち選挙に行って議員を選ぶ事から始めないといけません。

まず変わるのは私達です。

Sponsored Link

子供の為にも教育は自然豊かな地方が良い。

 

地方は山、川、海などの自然で溢れています。私の住んでいる所もすぐ近くに山がありますし川は車で5分もすれば着く距離にあり、周りも田園だらけなので、まぁど田舎ですね。

子供には体験させる事が重要だと思いますので、自然がある事によって様々な利点があるのではないでしょうか。遊びの幅も確実に広くなります。

例えば、家の外に行けばどこにでも虫がいるので昆虫採集して集める事の楽しさや、観察して一つの事を突き詰める事に興味を持つ事が出来ると思います。それと、行きていくのに欠かせない自給自足も学べる環境にありますので、これからの未来の子供達の事を考えると教育から変えて行かないと本当に大変な事になると感じます。

今は当たり前のようにお金を払えば食べ物を買えますが、

もし買えなくなったらと思うとぞっとしますよね。

現在の日本は農業をする人が減ってきていますので、将来私達の食べ物は海外からの輸入に頼らざるを得ません。もし食べ物に、ある国から日本が北朝鮮にやっているような規制をされたら、ごく少ない日本のバカ高い食べ物を買うしかなくなります。考えるだけでも怖いですよね。

子供の為にも、これからの未来を見据えて地方で教育させるというのも良いのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー