濃い髭でも早く剃れる電気シェーバーを使ったら、2倍早くなりました。

   

                      

髭剃りの時間がもったいないと思いませんか?

 

毎朝、学校や会社に通勤する前に必ずやる事のひとつに《髭剃り》があります。

髭が薄い方だったら、たまにT字カミソリなどで剃るだけなので気になりませんが、髭が濃い自分にとっては毎日時間を奪われてしまいます。そこで、電気シェーバーを新しい物に変えたら、なんと2倍早くなりました。

今まで悩んでいたことをピックアップしてみました。

悩みごと

・電気シェーバーでもっと早く髭を剃りたい。
・肌荒れを最小限にしたい。

 

最初に、私の苦い思い出を紹介します。聞いてください。

 

学生時代にあまりにも髭がコンプレックスで脱毛を経験。

私が学生の頃は、女の子にモテたい一心でバイトで貯めたお金で服や髪の毛にお金をかけていました。男性なら誰もがそう思ったはずです。

自分の場合、可愛い女の子と付き合いたいという欲求が強すぎて、気持ちをコントロールするのに苦労した経験があります。

髪型と服はオシャレにしても完全の顔が青髭でジョリジョリでは、女性も近寄り難いですよね。

そこで、

 

MEN'S TBC

 

で脱毛することに。

当時はまだ近くにサロンもなかってので、1時間半かけて約1年に渡り通い続けました。髭を1本1本ずつ抜くもんだから、時間もかかりましたし、抜く時凄く痛い思い出があります。(特に鼻下が・・・涙がでます)

料金も

40万円

かかりました。

その結果、鼻下の髭の青みはなくなり電気シェーバーで毎朝剃れば何とかなるレベルまでになりました。(現在)それでも、髭を間引いただけなので髭は濃いほうです。

本当に目立たなくなるまで脱毛すると、100万円以上かかると言われて引いた記憶があります。

 

今では電気シェーバーが必需品です。

 

それから毎朝、電気シェーバーを使って濃い髭を剃っているのですが、以前使っていた機種では約20分くらいかかっていました。

朝の時間がない時に、髭剃りに時間をかけている自分が嫌になり、何とかしないとって思うようになったのです。

今まで使用していたのが、この機種でした。約7年間使用していて、何の故障もなく未だに正常です。パナソニック製品(日本製)は長持ちしますね。

 

 

使用機種
2010年式 パナソニック 電気シェーバー ES-GA21 購入価格 約1万円 

 

バッテリーも弱くなってきて充電が面倒になり、2017年12月に買い替えしました。購入したのが同じパナソニックの上位機種。

購入機種
2017年式 パナソニック 電気シェーバー ES-LV7C 購入価格 約2万5千円 

 

値段は倍以上になりました。問題は、倍以上払って剃り味はどうかってことですよね。今回のモデルは洗浄機が付いているモデルですので、洗浄も日課となって綺麗な状態で電気シェーバーを使えるようになりました。

 

使用感は?

電源スイッチを入れると、前のモデルより音が高音になりました。音の大きさは同じくらいなのですが、高い音になっています。

髭を剃った感じは、髭センサーという髭の濃さによってパワーを変える機能があるため、音が少し大きくなったり小さくなったりと、最初は違和感を感じました。

でも、慣れてくると全然気になりません。

いつもと同じように剃っていると、剃られた感覚があまりないのに手で触ってみるとツルツルに剃られます。

最近機種のレビューは、こちらのサイトでも比較されていますので参考にしてみるといいです。

合わせて読みたい

 

 

濃い髭でも素早く剃れたので朝に余裕ができました。

毎朝、髭剃りに15分〜20分程度時間をかけていたのが嘘のようになり驚くばかりです。髭剃り時間は、なんと

 

約5分!

 

に短縮しました。これは、私にとって大きなことです。毎朝、10分程度時間ができたら、読書したりツイッターで情報収集する時間に当てられます。今まで、この進化に気付かなかった自分が悔しい。

 

 

衛生的にも良い洗浄器付きタイプで肌荒れが皆無。

 

初めて洗浄器付きのタイプを購入したのですが、これによって嫌な臭いが全くなくなりました。

前のモデルだと、週末の時間がある時に水洗いするくらいだったので、使用しているうちに臭いが出てくるんですよね。

それが全くない。

 

髭剃り後は、前のモデルだとグッグッとこするようにしないと剃られなかったので、肌が乾燥してカサカサになりやすかったのが購入したものは、スベスベお肌のままです。

もう、時代の進化は素晴らしいとしか言いようがありません。たかが電気シェーバーでも、7年経つと驚くばかりです。

電気シェーバーは最新が良いですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 生活