大地震経験者が語る、地震が起こる前に絶対これをやっておけ

      2017/02/26

                      

東日本大震災で体験した事をあなたに知ってもらいたい。

24acff9db7ee7283154cb61a984e09b8_s

 

私は東北在住で東日本大震災も体験しました。あの時の記憶は一生忘れません。あの時私は仕事中で建物の中で仕事をしており、急に立っていられない程の揺れが起こりもう外に逃げないとヤバいという状態でした。

本能から、すぐ建物の外に逃げ出したので問題ありませんでしたが、TVを見たら仙台の物凄い光景が目に飛び込んできたのを今でも鮮明に覚えています。

幸いな事に私が住む地域は東北ですが仙台から離れていますし、津波の心配もなかったので大きな災害とはなりませんでしたが、地震が起きてすぐライフラインがストップして信号が作動しなくなり、警察の方が手信号で事故が起こらないようにしていました。

私も地元のボランティア団体に入っているので、地元のお年寄りの安否確認や消防積載車での安全広報活動を行い、その時は乗り越える事が出来ました。

 

2016年4月の熊本で起こった地震も余震が続きこれからの日本がどうなっていくか正直不安ですね。常に先を読んで行動する事が大事だと思いますので地震が起こる前に何をすべきか考えておく必要があります。

Sponsored Link

何と言っても貯蓄は大事。

 

1.誰もが思い付くと思いますが食料品です。

缶詰のような直ぐ食べられる物はもちろんですが、カップ麺やレトルト食品などお湯があれば簡単に食べられる物は常備しておきましょう。

後は、お水です。強い地震の直後は断水する事が多いので、ペットボトルで何本かは蓄えていた方が良いです。少しすると給水車が来るのですが、水を入れるポリタンクがないと厳しいのでアウトドア用のポリタンクを購入しておいたら良いでしょう。

それと地震の直後は、コンビニやスーパーなどでレジが使えなくなったりしますので、店外販売をする所が出てきます。今の所、計算は全て電卓になるかと思いますのでスムーズに会計が出来るように小銭を事前に準備しておいて、前もって他の人が並ばなくても良いようにして下さい。

 

2.ガソリンは常に満タンにしておく。

最悪の場合、車が家の代わりになります。

地震直後はスタンドも機能停止してしまう為に、ガソリンの供給が間に合わなくなります。実際に私の住む所でもガソリンスタンドが開くかも分からないのに並んでいたり、並んでも入れられなかったりして凄い状況でした。

後でスタンドの人に聞いたら、お客様が押し寄せて来るのが怖くてスタンドを開けられないとおっしゃっていました。それくらいの状況でしたが私の車は80リットル以上タンクがあり余裕がありましたので、この騒動が終わるまで一回もガソリン不足にはならないで済みました。

よく燃費を気にして満タンにしない方がいらっしゃいますが、そんな細かい事を気にするんだったら車に乗らない方が良いですよね。

 

3.防災バックは準備しておく。

実際に準備したとしても普段は、邪魔な存在でしかありませんが地震やその他の災害が起こった場合、一番早く欲しいアイテムに早変わりします。電池やナイフ、ビニールシートやマッチなど防災グッツと呼ばれている物を常備しておき、なるべく玄関から近い場所に置く場所を決めておきましょう。

いざという時にどこに置いたか分からなくなるようなら、防災バックを準備しても意味がありませんので家族の皆んなが分かりやすい所に決めて下さいね。

具体的な防災グッツに関しては専門の所がありますので、参考にして下さい。

http://www.pro-bousai.jp/shouhin.htm

 

DSCF4821

 

エネルギー源は、なるべく偏らないようにする。

 

大きな災害が起きた場合、ライフラインがストップしてしまう可能性があります。最近私の住む田舎でもオール電化の家が多くなって来ました。エコキュートなどは非常に便利で良いと思いますが、実際に震災が起きた時に近所の方が全然使えなかったと言っていました。

東日本大震災の時はまだ雪も降るような肌寒い時期でしたので、暖房で暖をとるのが当たり前でした。ですが、震災で電気はストップしてしまったので電気によう暖房機器は意味がありません

。私の家には灯油式ストーブがあり灯油も500リッタータンクに入れている為、それを使用したので問題ありませんでした。

キッチンの火源もガスを使用しているので、電気がストップしてもお湯を沸かしたりする事が出来て、水とビニール袋があればそれでご飯が炊けたので地震直後の夜はそれでどうにかなりました。

オール電化というのは良い設備ではありますが、このようなデメリットもあるという事を理解しておくべきです。

いつ何時どのような災害が起きるか分かりませんので、それが起こる前に自分が出来る対策は少しでもしておく事が大事ですので、そう思ったあなたは、今行動しましょう。明日やろうと思っていても絶対しませんから。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - 情報レビュー