愛車を廃車するつもりならディーラーで下取りすると損します。

   

                      

面倒だから全てディーラー任せにしていると、次の車も高く買わされることになる。

 

新車で購入した愛車を10年も乗っていると、色々な所にガタが来たり、飽きてしまったりと、ちょうど10年目は新しい車が欲しくなる時期でもあります。

人気車種やプレミアム性の高い車は、10年乗ってもまだ値段がつくので廃車より売却をした方がお得です。

車買取で一括査定する前にメリットとデメリットを知らないと損だ!

でも、不人気車種や特殊なカラーの車に乗っているとしたら、もう廃車しか選択肢はありません。廃車するということは、新しい車に買い替えする人が多いと思います。

私が現在使用している13年落ちのトヨタ車があります。今年車検だった事と、窓も開かない部分があり、泣く泣く新車に買い替えをすることになりました。

 

13年落ちのポンコツ車でも分解して売ることが出来る!

自分の愛車がもし走行不能になっても、わざわざ廃車料とその他の手数料を払うより、分解して貰ってその他に活用出来るならその方が良いですよね。

 

自分で分解して売る人もいるでしょうが、大体の人は出来ません。私は今回、全国展開している業者さんに依頼しました。ただ書類を用意するだけで簡単に愛車を売ることが出来るんです。

しかも、私は売却料2,000円を頂きました。やはり知っているのと、知らないのでは全然違いますね。気になる方は下のリンクをチェックして下さい。
廃車を売る

 

最初は廃車するつもりでディーラーに相談しましたが、色々な手続き料込みで10,000円くらいかかると言われて納得出来ませんでした。

今では、動かない車でも価値があると言われています。価値のある愛車を手放すのにお金を払うのは、勿体無いですよね。

最低でも無料で廃車出来るようにしましょう。

 

輸出の出来るトヨタ車を乗っているあなたは動く内に売却を!

トヨタは世界中で乗られている車です。海外のテレビ番組を見ると大きく《TOYOTA》の文字が書かれた車を見たことがありませんか?

それくらい現地の人にとって、トヨタブランドは憧れの車なのです。

 

例えばこの車!!

 

テレビで良く見ませんか?

この車はハイラックスというピックアップトラックです。荷台に物を載せたり場合によっては、人が大勢乗っているのを見たことがあるのではないでしょうか。

このように世界では、車の使い方も様々です。日本では、燃費が良く安全装備や快適装備が付いていれば売れるような気がしますね。

でもアフリカなどの発展途上国では、壊れない車が絶対条件なんですよ。

壊れない車で有名なのは、ランクル、ハイエース、ハイラックス、カローラなどが年式の古い車でも動けば未だに良い値段で売れます。これらの車にお乗りの方は、査定してみるとビックリするくらいの値段が付くかもしれません。

新車の値引きがどれくらいで買ったらいいか分かる3つの方法!

 

みなさんに、朗報があります。

現在、日本では発売終了したハイラックスが2017年に戻ってくる話があります。海外で大人気車種なので長く乗っても値段が下がらないお得な車です。発売されたら一度チェックしてみてください。

新型ハイラックスのピックアップが2017年にディーゼル発売か?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - トヨタ車