ブログの記事タイトルが検索されないなら、1度は煽りを勧めます。

   

                      

結局、検索されなければ、ただの自己満足で終わりじゃない?

 

自分からブロガーと名乗っている方は、文章力もあって読み手となるファンもいるはずです。私は残念なことに、文章力もないですし、人を惹きつける魅力的な所もありません。結局、昔からグーグルに信頼されているブロガーと勝負しても勝てるはずもなく・・・。

ブログ市場へ参入することは、ネットで検索すれば簡単に始められますし、ブロガーイベントなどに参加すればノウハウを聞けて、行動さえすれば誰だって始められます。

でも、それではただの一人日記になる可能性が高いのです。そこで、ブログの記事タイトルについて、《煽り》という表現方法を活用してみませんか?

 

記事を書いても見られなければ、普通の日記になってしまう。

ブロガーと名乗るからには、何かを発信し続けていかなければなりません。自分が発信した内容をユーザーに伝えて、ユーザーの心を動かす力があれば、その人はインフルエンサーになります。

ブログの神イケダハヤト氏の存在価値がモチベーションを上げる

 

例えば、はてなブログの拡散機能によって短期の注目が得られても、結局はそれまでの人物でしかないですよね?

そこから、誰かと繋がりを持てればコミュニケーションツールとしては成り立ちます。でも、自分から動かなければ短期の注目で、すぐ情報の波に呑まれて忘れられてしまうでしょう。

ブロガーの目標って色々聞くけど、PVよりこれじゃない?


恥ずかしながら、これが2017年の私の目標です。こんなのを見ても、どうでもいいと思う方が殆どだと思いますが、言わせてください。

比較的にブロガーはシャイだと言われています。私もあまり喋るのは得意じゃないので基本、独りが好きです。なので、一人ビジネスや好きなことには、人一倍集中して時間を大事に消化しています。

 

記事タイトルの煽り表現について、ツイッター上で苦情がありました。


私は、他のブロガーさんから見れば強めのタイトルかもしれません。例えば、《〜してみて分かった5選》とか《オススメ本10選》っていうタイトルの記事が、多くのユーザーに求められていますよね。

それを狙って、ブロガーさん達は記事をまとめていると思います。でも、

 

私には、時間がかかり過ぎて正直、面倒臭い。

そう考えた時に、WordPressに独自ドメインの孤独な環境でドメインオーソリティーを上げていくには、短期の注目を得る必要があります。

起業して注目を集める為に大事な3つのステップ

ネットユーザーに自分の発信力をアピールするには、これしかないと思ったからです。本来ブロガーは、ただ書きたい事を書くだけで良いはずです。

ところが、長くブログを続けていると、《見てくれる人のために》なんていう思いが出てきて、何度も書き直したり、自分が最初に思った表現方法を変えてしまったりしていませんか?

結局、見る人は、見るし、見ない人は見ないですよ。

 

記事は思った事をすぐ表現し、後は情報収集に徹するべきじゃない?

 

たまには、いいですが有名ブロガー達と同じような紹介記事を書いても、AIが発達してしまったら、無名ブログの薄っぺらな紹介レビューは簡単に書き換えられてしまうでしょう。

ストック型ビジネスと言われている、ブログやアフィリエイトもAIの発達によって世界が変わってしまいます。安定して稼げるからという甘えは忘れて、常に最新の情報を伝えることに徹しなければなりません。

今よりも、もっとスピードが要求されてきます。これからは、勝ち負けにこだわらないと、この世界で生きては行けません。

人を批判したり、嫌な人に関わっている時間も勿体なく感じられるようになれば、あなたはブロガーとして成長出来る人だと断言します。

今回は強めの言葉で記事を書きました。ここまで読んでくれた方に感謝致します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - ブログネタ