たった1年で10万PVのブログの収入は?あなたのセンス次第。

   

                      

1年前にワードプレスを初めて1年後のブログ収入

 

気になるブロガーやアフィリエイターさんの為に報告記事です。今からブログを始める人、アフィリエイトを始める人の参考になれば良いと思って書きますね。結論から言うと、この業界は10万PVあったって全然稼げません。

ブログやアフィリエイトで稼ぎたいと思うなら、ビジネスセンスとコミュニケーション能力がないと、アドセンス分くらいしか稼げないのではないでしょうか。

アドセンスの収入をアップさせるには?関連コンテンツは絶対使おう!

 

色々なビジネスを体験している内に分かってくる!!

私はサラリーマンの傍で、農業、投資、ブログ、その他にも小さく起業をしています。今は30代になったばかりですが、やりたい事が尽きません。

これからは、一つの会社に定年までずっと我慢して勤務していても、今の日本経済からみれば、2020年くらいから不景気の波が大きくなることは間違いありません。(今は分からない人が殆どですが、不景気感を感じる時がやってきます)

今も不景気なのですが、政府が株価を無理矢理上げて分からなくしています。

不景気の中で生きていくためには、自分で稼ぐ能力を付けるしかありませんね。そこで、興味本位で2016年2月にワードプレスに独自ドメインという孤独な状態からスタートしました。

今考えてみると、継続さえすれば1年後には必ず結果はついてきます。とりあえず続けてやってみましょう。

ブログで副収入を得る方法はチョー簡単なのに何でやらないの?

 

 

2017年2月(1年後)ブログの収入は大したことありません!

 

①グーグルアドセンス・・・26,683円

1月に50,000PV〜60,000PVだったのが、2月末で100,000PVになったので、もう少し高くなりそうです。今現在、1日1,000円ちょいくらいになっています。

アドセンスは、日によって全然収益が変わってきますので、あてにしていません。ただ、関連記事広告を貼れるようになってから急激にアドセンスの収入はアップしました。

 

②アフィリエイト(ASP)・・・46,350円

去年の11月くらいからASPを始めました。定番のA8とレントラックスが主なASPです。アマゾンアソシエイトにも登録してますが、雀の涙なので合算しています。

まだ、やり始めたばかりなので自分に合ったASPが分からず試行錯誤している段階です。でも、収益はある程度見込めるのでPVがある程度集まるようになったら高額単価の案件をどう伝えるかが、収入アップの鍵となるでしょう。

 

③note・・・1,000円

これは、やってみて分かった事があります。ある程度知名度やコンテンツ力がないと正直売れません。1記事にいくらか払う人って正直凄いですよね。

今は、検索スキルさえ身につければある程度の情報は手に入るので、その中で有料にするには、お金を払ってもいいと言われるような良い記事でないと駄目です。

 

結局、稼ぐには、独自性をもったメディアでなければならない!!

 

ブログのPVが10万であっても稼げる人は稼いでますし、稼げない人は稼げません。どこが違うかというと、最終的にセンスではないでしょうか?

 


今、《ブログサロン》や《ブログカレッジ》などという言葉が飛び交っています。あれは、初心者をカモにした良い儲け話です。

 

ブログは人それぞれ!!

わざわざお金を払ってひと昔の情報を知るより、自分が興味のもった人に直接会いに行くだけで十分だと思いますけどね。そこで、リアル意見を聞けるので私はそうするようにしています。(拒否られない限りですが)

台湾に神レベルのブロガーが集結!ブログサミットに参加する意味

 

最近流行りのミニサイト化はどうなの?

1つのサイトで成功出来ない人が2つ、3つ作ったって満足出来る結果が得られるはずがありません。

ただ、商品を紹介するだけのブログだったら沢山あるので、もっとニッチな分野や体験したレビューを簡潔に、人と違った表現で伝えることが出来れば今後の稼げる人になるでしょう。

例えば、ありがちな写真ではなく動画やイラストを使ったり、スライドショーのような感じも良いんじゃないですかね。

良し悪しの前に人に注目されることが、稼ぐには重要な要素です。

起業して注目を集める為に大事な3つのステップ

 

そして、1サイトで稼げるようになったらWADA-blogの和田さんのようにもっと稼げげばいいだけです。彼女の本は本当に参考になりますので、まだ読んでいない方はチェックして下さいね。
ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - Word Press, ブログ ,