2017年のブロフェスでブロガーはカモられていると知ってしまった

   

                      

2016年のブロフェスとは状況が変わってきました。

 

2017年9月30日、毎年恒例のブロガーズフェスティバル2017が東京で開催されました。去年に引き続き参加して感じたことを、ざっくばらんに書いていきますね。(Tweet祭り)

多くの人はブログを1年も続けていると、マネタイズについて考えるのではないでしょうか。私もブログを初めて1年半くらいになりますが、一定の方向性は見えてもマネタイズ出来るかというと別の問題です。

ちなみにこれがブログ初心者から1年後の私です。↓↓

たった1年で10万PVのブログの収入は?あなたのセンス次第。

サラリーマン生活をしながらやり続けた結果がこれです。上には上がいるのも知っていますが、そのレベルに行くにはもう1段階ギアをあげるしかありませんよね。

前振りが長くなってしまいました。私がリアルタイムに感じたことが少しでも伝われば嬉しいです。

 

個人評価システムが出来つつある。

 

写真が間に合わなかったり、興味がなくて反応出来なかったりで間が抜けていますのでご理解ください。

スポンサーさんも毎年恒例のところもあり、新しさに欠けていました。

 

あー知ってる。・・・だから。

媒体がデカすぎてある知名度がないと相手にもしてくれないでしょう。その中で気になったのが

ブロガーと企業をつなげるマッチングサービスを行っているreviews(レビューズ)です。

公式サイト:https://re-views.jp/

 

2年前くらいから始めたサービスのようですが、まだまだ認知度が低く伸び代はまだまだあると感じました。(投資家目線で)

ブロガーやインスタグラマー、ユーチューバーは、ここを目標にしてみるのも面白いですね。後で紹介しますがdripも同じようなサービスだと感じました。

オープニングセッションの徳力さんが、お金との因果関係について話されていたので、お金は大事だけど全てにしちゃダメですね。

 

お金のために好きでもないことは書くな!!

 

これは、マネタイズしていくと必ずぶち当たる壁なんですよね。これを、すれば、もっと稼げるけどモラル的にちょっとって感じ。

稼ぎたかったらアドセンスなしのアフィリエイターでやった方が、誰にも邪魔されないし間違いなく稼げます。

ブロガーは、つながり重視の横社会だから広がれば広がるほど面白いことが簡単に出来るし、生まれる。

ブロガーの世代交代。これからのブロガーはどうすべきか?

 

セッションはAとBに分かれて行われました。見逃した方もいると思うので簡単に説明しますね。

株式会社Dripの堀口英剛さん

私は、彼をはじめて知りはじめてお話しました。それで、すぐ可能性を感じました。率直に言うとそれだけです。

彼はmonographというブログをされています。

https://number333.org/

ドメインが旧ブログ名のままなところは気になりますが、ブロガーに対する価値が低いとおっしゃっていました。

ブロガーは、比較的に物静かで腰が低い人が多いのも事実です。自分を売り込みたくてもガツガツ売り込めない人が多いです。だからこそ、冒頭で紹介したレビューズさんやDripさんのようなサービスが必要なんです。

企業にカモられていることを知らない人が多過ぎますよね。自分を安売りしちゃあかんのですよ。

 

わらしべ暮らしのブログ ayanさん

ブロガーでayanさんを知らない人っている?ってくらい認知されている成功者の方です。今から彼女の真似をしても絶対無理ですね。初心者向けな感じで多くの人に分かりやすく説明してくれました。

私が気になったのは、

収入の引き出しを増やす。

やはり、これを増やせば自分の強みになるし自信にもなります。でも、途中でお腹が減って退出していまったので大事なところは聞けてないかも。

わらしべ暮らしのブログ:https://warashibe.info/

 

大谷大さん

彼はHTMLやCSSのスペシャリストのようです。(色々されていても知らないだけです。すみません。)

というか知識のない人はさっぱり分からないはずです。

実際に自分もそうでした。

サイトやブログのデザインを変えたい時は、彼に頼んでみるといいでしょう。自分で学んで知識をつけるのも重要ですが、お金を払って頼んだ方が良い時もあります。

ブログを見ると、見やすいし表示速度も早い。

delaymania:http://delaymania.com/

 

タクロコマさん

文章と写真の関係をお話されていて、写真の見せ方などを説明してくれました。正直、彼の声が心地良すぎてちょっと仮眠をとってしまいました。

だから全然思い出せません。(適当ですみません。)

灯台もと暮らし:http://motokurashi.com/author/komatsuzaki-takuro/

 

文章を書くだけじゃダメ。全てのツールを使うべき。

 

今回、ブロフェスに参加して一番強く感じたのは世代交代でした。ブロガーという言葉が古くなくなろうとしています。dripの堀口さんは、バリスタという言葉に転換しています。

タクロコマさんにしても、少人数のメディアチームのような会社の一員になっています。

 

これからのブロガーは??

 

と尋ねられた時に、チーム化していくような気がしてなりません。

何人かの専門家が集まって仕事をしていく一つのツールでしかなくなるのです。アドセンスはグーグル次第なので、なくなることも視野に入れておかなければなりません。

発信力があればなんとかなる時代なので、社会に関して自分から仕掛ける側になるのも面白いですよね。

ブロガーイベントに参加して記事は、質か量かで炎上寸前?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - ブログ