バーキンやフェラーリのようなブランドを個人が持つ時代に。

      2016/02/26

                      

個人でブランディングするということ。

 

私もですが国民の大半は会社というブランドの中で仕事してお金を頂いているわけです。私が現在勤めている会社も世界に発信している会社であり、一つのブランドになりつつあります。

その会社で働いていると聞くと、一見良いように思えますが実際は違っていて外面だけ良く見せているだけなのです。そういう会社は多々あるのではないでしょうか。

これからの時代は間違いなく個人のブランディングが必要です。会社のブランドに頼っていたら、いつまでたっても独り立ちできません。

Sponsored Link

まず何をすれば良いの?

 

自分をブランドとして成り立たせるには、やはり自分の強みを活かすしかないでしょう。友人から○○○と言ったらお前だよなー。とか、○○○はお前に叶う奴はいないよな。とか言われるんだったら、もうあなたはブランドです。それをもっと突き詰めて前に進めばもっと良い方向に進むと思います。

では、まだ自分の強みがないと思う方は、まずはやりたいって思った事は全てやってみる事が大事だと感じます。やっていく内に、これはもう一度やってみたいとか、これはもういいとかって思えば一歩進めるのではないでしょうか。

その繰り返しをしていれば必ず自分強みが分かってくると思います。

 

常に情報発信を忘れずに。

 

現在はソーシャルネットワークも発達しているので、簡単に自分をアピールしたり評価してもらったり出来る時代です。ブログやSNSを利用して様々な人たちと触れ合い、自分の価値観と合った人が集まればブランドはどんどん構築されることでしょう。

まずは自分を知って自分をアピールしてブランド化していく事を進めます。その暁には、自分に人が集まってきてそこからビジネスが生まれます。

会社を辞めても収入が得られるようになるわけです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです。

  

関連記事

 - インターネットビジネス